阪本智子が東京湾LTアジ船で入れ食い堪能 30cm頭に本命50尾!

阪本智子が東京湾LTアジ船で入れ食い堪能 30cm頭に本命50尾!

こんにちは。阪本智子です。9月下旬、暑かった夏が過ぎ、秋の気配を感じられるきょうこのごろ。今回は東京湾横浜山下橋の船宿から釣行。午前船に乗り込んで、久しぶりのLTアジを楽しんできました。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 阪本 智子)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

東京湾でLTアジ釣り

釣りをするにはもってこいの気候になりましたね。東京湾沖では、タチウオはもちろん、コマセを使った青物釣りが盛ん。ガッツリ寒くなる前にたくさん釣りに行きたいです。

釣行当日は、平日にも関わらず20人以上が乗船。手軽に楽しめるので、レンタルタックルの人も多くて、ワイワイした雰囲気がいいです。

阪本智子が東京湾LTアジ船で入れ食い堪能 30cm頭に本命50尾!たくさん釣れるといいな(提供:週刊つりニュース関東版 阪本 智子)

ポイントの状況と当日のタックル

定刻の7時に出船。10分ほどでポイントの横浜沖に到着しました。水深は20m。

釣り場は予想に反して波風が少しあって、手前マツリなどのトラブルが起こりやすいんですよね。少しでも軽減するよう2本バリ仕掛けを使います。隣の人との間隔が近いので、周りを見ながら投入することが大切。操作しやすいように、ロッドも短めのものを選びました。

阪本智子が東京湾LTアジ船で入れ食い堪能 30cm頭に本命50尾!当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

付けエサは青イソメ。あらかじめ2cmほどにカットしたものを使います。船長の指示ダナは底から2m。

1投目から良型アジヒット!

まず、みんなでコマセをまいて「船下にアジを集めよう」と思っていたら、なんと、1投目からアタリ。

めちゃくちゃ食いがよく、ビシが底に着いてコマセを振って、タナで止めた瞬間にヒット。しかも、釣れるサイズがいい!キラキラ光って体高があり、いかにも美味しそう。一層やる気が出ます。

船長も「ここだ」と確信したようでアンカー投入。

アジの食いがいいので、エサを少し短く、手返しを早くするため2mの仕掛けを30cmほどカット。釣れているときでも、コマセをしっかりまくことが大事。

阪本智子が東京湾LTアジ船で入れ食い堪能 30cm頭に本命50尾!「えいっ」と抜き上げます(提供:週刊つりニュース関東版 阪本 智子)

2点掛け連発でツ抜け

さらに、釣れるタイミングでは、多点掛けを狙うのが釣果アップのコツ。最初のアタリがきてもすぐに仕掛けを上げず、ちょこんとアワせたら少し待ちます。すると、〝グンッ〟と重みが加わるので、ここでゆっくり巻き上げ。狙い通り、ダブルでした。このあとも、2点掛け連発ですぐにツ抜け。

阪本智子が東京湾LTアジ船で入れ食い堪能 30cm頭に本命50尾!ダブルを狙ってゆっくり巻き上げました(提供:週刊つりニュース関東版 阪本 智子)

30㎝級が連続ヒット

8時前には20尾をキャッチ。ルンルンでやっていると、いきなり強いアタリ。これは2尾目を待たずに巻き上げ。

上がってきたのは30cm近い良型。ライトタックルなので、存分にアジの引きと緊張感を味わえます!

阪本智子が東京湾LTアジ船で入れ食い堪能 30cm頭に本命50尾!良型の引きと緊張感がたまらない(提供:週刊つりニュース関東版 阪本 智子)

このあと、型のいい群れが入ってきたのか、良型が続けてヒット。集中して刺し身用のアジをたくさんゲット。

やがて、8時半を過ぎると、コマセをまいてからアタリがでるまでの時間が少し長くなります。少し待ってもアタらなければ、再び仕掛けを下ろしてコマセワーク。

次のページで当日の最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。