デイエギングでアオリ&コウイカ手中 1つのエギにイカ2杯のラッキーも

デイエギングでアオリ&コウイカ手中 1つのエギにイカ2杯のラッキーも

9月26日の午前8時すぎ、福井県・高浜町の通称・音海学校裏のポイントに愛車を滑り込ませた。すでに日は高く、青く澄み渡った秋空の下、アオリイカシーズン開幕の初釣りを楽しく過ごすことができた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・牧野広行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

陸っぱりエギング釣況

当日は音海学校裏の堤防に上がると、先客は3人の1グループだけで、がら空き状態だ。聞けば、「夜は多くの釣り人でにぎわっていたのですが、日が昇ると皆さん退散しました。また夕方から混雑し始めると思います」とのことだった。

デイエギングでアオリ&コウイカ手中 1つのエギにイカ2杯のラッキーも音海の小学校裏のポイント(提供:週刊つりニュース中部版 APC・牧野広行)

当日は、日中何人かのエギンガーが出入りするも、釣り人もまばらでのびのびと釣りを楽しむことができた。

当日のエギングタックル

午前9時前、堤防先端で釣り開始。

デイエギングでアオリ&コウイカ手中 1つのエギにイカ2杯のラッキーもがら空きの堤防でエギング(提供:週刊つりニュース中部版 APC・牧野広行)

タックルは、ロッドは8.4ftのエギングロッド、ラインはハードコアX8プロエギング0.6号、リーダーはフロロカーボン1.5号1.2m、その先にスナップを結びエギをセットした。エギはヤクルトサイズの新子を避けるべく2.5号以上とした。

今回は新作エギの実力が知りたく、EZ‐Qダートマスターサーチダブルグロー、EZ‐Qキャスト喰わせ、アオリーQサーチダブルグローの2.5号を多用した。

まずは足裏サイズのアオリがヒット

まずはEZ‐Qダートマスターサーチダブルグロー2.5号のレッドピンクを前方のミオ筋にキャストし、慎重に中層まで沈めシャクリを入れる。

すると、その3シャクリ目でグッという重みでロッドがしなった。初釣り初キャストに初ヒットしたのは足裏サイズ。

このシーズンとしてはまずまずの良型だ。

デイエギングでアオリ&コウイカ手中 1つのエギにイカ2杯のラッキーも足の裏サイズはダートマスターに乗ってきた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・牧野広行)

超ラッキーなダブルキャッチ

それでも、やはりハイプレッシャーのタフコンディション、それも日中のエギングともなればおいそれとは連発を許してはくれない。

昼すぎ、私の横に小浜方面からランガンで釣り場を回っているというエギンガーが入った。「こんにちは!」という気持ちいいあいさつでお互いに情報交換をする。

お互いに今投げているエギのカラーやサイズを知らせ合い、その結果私が選んだのはアオリーQサーチダブルグローのアジカラーの2.5号。これが大正解だった。

フルキャストしカーブフォールさせていくと、そのフォール中にイカパンチ。これを無視し着底間際にひとシャクリすると、ズドンという衝撃でロッドが曲がった。

良型を確信し慎重に巻き上げると、なんと1つのエギに2匹のアオリイカ。

デイエギングでアオリ&コウイカ手中 1つのエギにイカ2杯のラッキーもなんと1つのエギに2匹のアオリイカがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・牧野広行)

コロッケサイズがフォール中にエギを抱き、それに足の裏サイズが襲いかかるという超ラッキー?なヒットに思わずニヤリ。隣のエギンガーからも祝福を受け、大笑いだった。

夕刻にコウイカをゲット

隣のエギンガーと2人で、遠方から足元まで丁寧にエギをシャクり続けていると、堤防の足元に多数のヤクルトサイズの新子がわいてきた。隣のエギンガーは、2号のエギでこの群れを狙い確実にヒットを重ね始めた。

そして、私の2.5号のエギにもヒット。ヤクルトサイズを避けたい私は「大きくなれよ!」とエギのカンナを裏返し、直接海上にリリースする。

これでは良型は望めないと、私は前方にフルキャスト後長めのフォールでエギを着底させシャクリを開始してみた。

すると、シャクリ後のラインの緩みがス~ッと引かれる。その一瞬を捉えスイープにアワせると、重量感のある衝撃と同時にくるくる回転する特有のファイトが伝わってきた。予想通りコウイカをゲット。どうやら夕刻の活性タイムのようだ。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。