波止でのちょい投げメバル釣りで19cm本命 時合いはまさかの真っ昼間

波止でのちょい投げメバル釣りで19cm本命 時合いはまさかの真っ昼間

前回落とし込みでクロダイが釣れた愛知県・南知多町の日間賀島・西港へ9月12日に釣行した。今回はクロダイとメバルの二刀流でサオを出す。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

日間賀島西港でちょい投げメバル釣り

釣行当日は、2番船で日間賀島・西港に到着したが、堤防は立てないほどの強風。風裏になる新井浜の台船を狙おうと移動するが、船はすべて係船してある。

これでは台船を狙えない。仕方なくクロダイを諦め、西港のチビ提に移動してメバルを狙う。

波止でのちょい投げメバル釣りで19cm本命 時合いはまさかの真っ昼間弱風を避けて西港のチビ堤へ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

さすがに11mの長ザオは振れないので、磯ザオとスピニングリールを用いたチョイ投げで挑戦することにした。

良型カワハギがヒット!

波止でのちょい投げメバル釣りで19cm本命 時合いはまさかの真っ昼間当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

数年ぶりの西港のメバル狙い。果たして釣れるだろうか。疑いながら外向きに投入する。下げ潮が動いているので仕掛けは沖から手前に流されてくるが、アタリは出ない。

だが、仕掛けを上げるとモエビはきれいになくなっていた。何かがいる。フグか?フグならハリもなくなるはず。ウミタナゴかカワハギだろう。想像しながらサオ先に集中していると、コツコツと小さな反応が出た。

本アタリと見て大きくアワセを入れた瞬間、いきなりグイ~ッとサオ先が大きく曲がった。メバルにしては引きがパワフルだ。

ヒガンフグのでかいやつかなと思いながら「バレるな、バレるな…」とつぶやきながらリールを巻いてくると、なんと海面を割ったのは良型カワハギ。メバルに次いでおいしい魚だけにまずはキープ。

エサ取り犯は小ダイ

次はメバルに集中したいと思いながらエビを付けて投入。仕掛けが同じように手前に流れくると再度アタリがあり、ゆっくりサオを立てる。グイグイとサオ先を強く引き込んだ魚は10cmほどの小ダイ。エサ取りの犯人だと確信した。

その後もハリ掛かりしてくるのは小ダイばかり。なんとかメバルをと投入点を変更して探るが、アタリはすべて小ダイ。トリプルが数回あるほど濃いようだ。

正午過ぎ時合到来で19cmメバル

ところが正午を回ったころ、こんなに日が上がってはメバルは釣れないだろうと思った矢先にサオ先が持ち込まれた。今までとは違うアタリだ。

そのアタリに反応してスーッとサオ先を上げると、グググ~ッと重さが伝わってきた。ゆっくりリールを巻いてくると、とうとうメバルの登場。19cmとまあまあのサイズだ。

続けと神に祈り投入。数十秒後、再度サオ先がお辞儀するアタリが出てメバルがヒット。メバルの時合いが昼とは。想像できないが、現に釣れているので驚きは隠せない。

モエビは1杯しか購入していないので残りは数匹。メバルだけを狙って投入する。すぐにアタリが出てメバルがヒット。モエビがもっとあれば西港の良型メバルが釣れるはずなのに…、少々後悔。やがてエサ切れで納竿となってしまった。

波止でのちょい投げメバル釣りで19cm本命 時合いはまさかの真っ昼間時合いは正午すぎ!(提供:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

日間賀島・西港の今後展望

今年の日間賀島・西港は、どうしたことか今になって良型メバルが釣れだした。このまま12月まで続くことを願って師崎港に帰港した。

西港ではクロダイも釣れているようだし、カワハギを専門に狙うのも面白いと思う。メバルは時合いに入ると連続ヒットするので、モエビは多めに持参したい。

<週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
日間賀島
場所:南知多町日間賀島・西港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年10月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。