岸壁からお手軽ウキフカセ釣行 30cm級メジナ数釣り満喫【清水港】

岸壁からお手軽ウキフカセ釣行 30cm級メジナ数釣り満喫【清水港】

9月30日、私のメインフィールドである静岡県中部エリア清水港のとある岸壁へウキフカセ釣行へと行ってきた。今回のターゲットはクロダイ(チヌ)と並ぶ人気魚種であるメジナ(グレ)。温暖な地域なら堤防や岸壁から狙うこともできる魚でサイズに見合わない強い引きが味わえる好ターゲットだ。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本 隼一)

Shunichi_Sugimoto
Shunichi_Sugimoto

メインフィールドは静岡エリア。釣糸メーカーfathomさんの2019年度フィールドモニターとして活動中です。エギングタックル一つで様々な魚種を狙ってみたり、時にはフカセ釣りで魚と繊細な駆け引きをしたりとジャンル問わず様々な釣りを楽しんでいます。釣った魚を捌いて料理する事も大好きです。釣りの面白さや奥深さ、釣った魚を食べる楽しさを発信していきたいと思います!

Shunichi_Sugimotoの担当記事を読む
×閉じる

海釣り 堤防釣り

清水港でフカセ釣り

朝7時頃に清水港へ到着。天候は晴れ、風や波もなく穏やかな状況。メジナの多い潮通し抜群な岸壁の先端部に釣り座を構えた。フカセ釣りのまきエサの準備をしつつ、辺りを見ると正面に富士山が綺麗に見えていた。

岸壁からお手軽ウキフカセ釣行 30cm級メジナ数釣り満喫【清水港】富士山も顔見せ(提供:WEBライター・杉本 隼一)

当日のタックル

当日のタックルは、スリルを味わいたいのでチヌ竿を使用することにした。

岸壁からお手軽ウキフカセ釣行 30cm級メジナ数釣り満喫【清水港】当日のタックル(作図:TSURINEWS編集部)

当日のエサ

そして今回のエサはメジナ狙いなのでさしエサはオキアミがメインだが、まだまだ水温が高く餌取りも活発なので、念のため練り餌も持参した。撒き餌はオキアミ2kgにあえて比重が軽めのクロダイ用配合餌を使用した。

メジナ狙いなのにクロダイ用の配合餌を用意した理由は、今回の釣り場はボラが多く、比重が軽いメジナ用の配合餌を使用すると海面付近でボラが撒き餌を食べ尽くしてしまいまきエサが届かない可能性があるためだ。

岸壁からお手軽ウキフカセ釣行 30cm級メジナ数釣り満喫【清水港】当日のエサ(提供:WEBライター・杉本 隼一)

全遊動釣法で31㎝メジナ

まずは釣り座の付近に撒き餌を打って潮や魚の様子を観察。するといきなりボラ少々と沢山のメジナが撒き餌に群がってきた。

岸壁からお手軽ウキフカセ釣行 30cm級メジナ数釣り満喫【清水港】当日のタックル(提供:WEBライター・杉本 隼一)

潮も適度な流れで抜群の状況。まずはタナをしっかり把握するためG2のウキでウキ止めを付けない全遊動釣法でサーチする。

まきエサにかなりの数の本命が浮いていたので浅いタナで食うと予想たてた。すると予想通り1ヒロほどのタナで良いアタリ。掛けた瞬間からクロダイとは違うスピード感あふれる強烈な引きで楽しませてくれたのは31cmの本命。幸先良く1匹キャッチする事ができた。

岸壁からお手軽ウキフカセ釣行 30cm級メジナ数釣り満喫【清水港】本命ヒット(提供:WEBライター・杉本 隼一)

アジが回遊

1匹釣ったところでアジが回遊してきた。周りでもサビキ釣りなどでポツポツと釣れ始める。私もアジがほしいので5匹ほど釣ることにしたが、なかなか掛からず少し苦戦したものの嬉しいお土産を数匹確保する事ができた。

岸壁からお手軽ウキフカセ釣行 30cm級メジナ数釣り満喫【清水港】嬉しいお土産アジ(提供:WEBライター・杉本 隼一)

仕掛け軽くして食い渋り攻略!

日も昇り9時頃になるとメジナがまきエサに安定して浮くようになってきた。しかし食い渋っているようで、微かなウキ抵抗も嫌って餌を吐き出している様子。そこでウキを0号に変更しハリスに極小ジンタンのG8を打って自然に餌を流す作戦に変更、すると狙いが的中しヒット!

あっという間に30cm級の本命が入れ食い状態になった。平均サイズも良くメジナの強烈な引きを存分に味わう事ができた。

岸壁からお手軽ウキフカセ釣行 30cm級メジナ数釣り満喫【清水港】30cm級ヒット(提供:WEBライター・杉本 隼一)

メジナはクロダイと異なり、掛けた瞬間から根に潜ろうするため、強い抵抗をみせる。一瞬の隙に潜ろうとするのですこし強気にやり取りをすると良い。また突然強く走るので竿をしっかり立て、弾力をフルに使ってやり取りする事が重要だ。

昼過ぎに納竿

岸壁からお手軽ウキフカセ釣行 30cm級メジナ数釣り満喫【清水港】最終釣果(提供:WEBライター・杉本 隼一)

昼過ぎにはまきエサを使い切って納竿することに。今回は食い渋りに悩まされたもののイメージ通りに攻略する事ができ満足した釣行となった。次にメジナ狙いで釣行した際はツ抜けを目標としてみたいと思う。

<杉本 隼一/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣場り船について
清水港