『そらなさゆりとマダイ釣りに行こう!』 本人がレポート!【桜井丸】

『そらなさゆりとマダイ釣りに行こう!』 本人がレポート!【桜井丸】

こんにちは。そらなさゆりです。9月1日(日)、茨城鹿島新港の桜井丸でファン主催の「そらなさゆりとマダイ釣りに行こう!」が開催。実釣イベントは、普段少ないこともあり、ファンの方達と本命マダイや多大なゲストと一緒に沢山写真を撮りました。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 そらなさゆり)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

桜井丸でマダイ狙いの仕立て船

4時半、港に集合。茨城と聞くと遠く感じる人がいるかもしれませんが、都内から車で2時間あれば着いてしまうので、意外と近い。

一年前、同じイベントでお世話になった以来の乗船。そのときの釣り物はヒラメでしたが、ワイワイ楽しませてもらいました。笑顔が素敵な女将が元気よく出迎えてくれます。

乗船名簿を書き、朝イチの撮影会をしながらタックルの準備。釣り方は、ひとつテンヤ、鯛ラバ、ジギングと、仕立船なので好みでOK。じつは、前日に徳島で鯛ラバの大会取材があり、70cmが釣れので「ここはやはり同じ釣り方かな」と、迷ったのですが、ご無沙汰しているひとつテンヤで始めることにしました。

『そらなさゆりとマダイ釣りに行こう!』 本人がレポート!【桜井丸】女性の参加者とピース!(提供:週刊つりニュース関東版 そらなさゆり)

乗船したのは23号船。船は可愛らしいサクラのラッピングが施され、なんとも華やか。キャビン、トイレは広く、女性にも嬉しい大型船。

参加者は私を含め22人。そのうち4人が女性で、釣り座はレディーファーストで決めさせてもらいます。船酔いの心配がありましたが、この日はびっくりするくらいのナギ。船酔い予備軍はホッとひと安心です。

ベラからスタート

30分ほど走り、最初のポイントに到着。水深は約40m。まず、8号のテンヤから使ってみます。エビをつけて投入。すると、すぐにアタリがきました。

「きょうは調子いいかも!?」と、思っていると、上がってきたのはベラ(笑)。本命ではなかったけど、やっぱりアタリがたくさんあったほうが楽しい。

『そらなさゆりとマダイ釣りに行こう!』 本人がレポート!【桜井丸】一緒に竿を出しました(提供:週刊つりニュース関東版 そらなさゆり)

すると、船内あちこちから「うぅ~」、「あぁ~」と、この魚と格闘する声が聞こえてきます。左舷ミヨシが何やらにぎやか。行ってみると、ナベさんが、小型ながら本命をゲット。1位~3位までを長さで競うので、今のところ暫定1位。

右舷ミヨシでは松田さんに40cmのイシガレイ。ゲスト賞有力候補。さらに、左舷でいい引きを見せて上がってきたのは良型のショウサイフグ。港に戻ってさばいてくれるのでしっかりキープ。

多彩なゲストが船中登場

ポツポツと小型は釣れるものの、ちょっと渋いみたい。でも、ウマヅラやメバル、クロソイ、カサゴ、アイナメにマダコやシイラがヒット。いろんなゲストが登場してくれて船上はにぎやか。あっちへこっちへと、写真を撮らせてもらいに行き、記者さんの忙しさを思い知りました(笑)。

『そらなさゆりとマダイ釣りに行こう!』 本人がレポート!【桜井丸】多彩なゲストで船上は賑やか(提供:週刊つりニュース関東版 そらなさゆり)

普段、実釣イベントがないので、こうしてファンの人たちと一緒に竿を出せるのは本当に嬉しい。

帰港後はしじみ汁でお腹も満たす

楽しい時間はアッという間にすぎて、11時40分に沖上がり。港に戻ると、お弁当とシジミ汁を用意してくれていました。「美味しすぎる!!」。

お腹がいっぱいになったところで表彰式。優勝はマダイを釣ったのりさん。2位のナベさんと3cm差。熱い戦いになりました。

『そらなさゆりとマダイ釣りに行こう!』 本人がレポート!【桜井丸】楽しい時間が過ごせました(提供:週刊つりニュース関東版 そらなさゆり)

参加してくれたみなさん、お世話になった桜井丸さん、ありがとうございました。第3回を楽しみにしています。

<週刊つりニュース関東版 そらなさゆり/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:桜井丸
『そらなさゆりとマダイ釣りに行こう!』 本人がレポート!【桜井丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年9月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。