夏のイカダ(筏)シーバスゲームのすすめ 足場良く360度ポイント!

夏のイカダ(筏)シーバスゲームのすすめ 足場良く360度ポイント!

今年もやってきました。トップウォーターで狙うシーバス!そして舞台は360度ボイルが発生し、周り全てがポイントとなるイカダ(筏)。足場がよいサオ抜けポイントで楽しむ夏のシーバスゲームを実釣含めて紹介します。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

推奨タックル

夏のイカダ(筏)シーバスゲームのすすめ 足場良く360度ポイント!タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

ロッド

8ft前後のロッド。エギングロッド、少し長めのバスロッドでもOKだ。シーバスロッドでも大丈夫だが、投げてアクションさせる回数が普通のシーバス釣りとは違って段違いに多いので、普段のシーバスロッドより軽いエギングロッド、もしくはバスロッドが疲れなくて良い。

リール・ライン・リーダー

2500~3000番クラスのリールでOKだ。メインラインはPEの0.6~0.8号。リーダーは、時に5kgサイズの大物も出るので3号は必要。

ルアー

7~9cmぐらいのペンシル、シンキングペンシル、ポッパー、バイブレーション(レンジが下がった時用)など。

釣り方

釣り方はいたって簡単で、イカダからいろんな方向にルアーを投げて、アクションさせるだけでほぼ釣れてしまう。ただし、注意点としてまずイカダにはロープが張り巡らしてあるため、ルアーを引っ掛けないようにすること。

さらに、魚を掛けてどう駆け引きをするのか、シーバスはルアーに掛かったらほぼジャンプせずにロープに走るため少しでもロープの近くで掛けた場合、その後のやり取りができないと、バラしたりルアーがロープに絡まってしまう。

ルアーセレクトl

次の注意点としては、釣果を伸ばすコツはルアーのセレクトの仕方だ。そして、まずは1尾キャッチすることが重要。朝イチから反応があり、トップに出ていればトップ用プラグを使おう。

トップに反応があるが、フッキングしない時は、レンジを少し下げて水面直下で探れるシンキングペンシルに替えたり、トップにもシンキングペンシルにも反応がなくなった時はバイブレーションや、ちょっとしたシークレットでワームの高速引きやダートに優れたジグヘッド+ワームを使うと釣果をアップできる。

掛けたら慌てずにやり取りし、魚体が水面に浮いてから確実にタモ入れを。

イカダで楽しめる他魚種

そのほかサビキでのアジ釣りやタイラバを落としたり、ロープがない場所ではキャスティングタイラバもできる。日除けやトイレが設置されていたり、足場も良いため女性や子どもも楽しんで釣りができるはずだ。

夏のイカダ(筏)シーバスゲームのすすめ 足場良く360度ポイント!良型シーバスを狙おう(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

次のページでイカダシーバスゲーム釣行開始!