初挑戦エギタコ釣りで1.6kg頭に6匹 乗り分からず苦戦【石川丸】

初挑戦エギタコ釣りで1.6kg頭に6匹 乗り分からず苦戦【石川丸】

7月末、南知多町師崎港の石川丸へ自身初となるマダコ釣りで乗船した。結果は1.6kg頭に6匹、夜はタコ刺しにタコからと絶品の食味を堪能した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

当日のタックルと仕掛け

タックルはカットウザオ1.5m、PE4号を巻いたスーパータナセンサー、オモリ30号統一で、その下にカワハギ用のヒラヒラ集器にタコエギを3個セットした。

初挑戦エギタコ釣りで1.6kg頭に6匹 乗り分からず苦戦【石川丸】タックル例(作図:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

アワセ甘くてバラし

午前5時45分に11人の釣り人を乗せて出船して、航程5分で水深13mのポイントへ到着。波は0.5mで、全くの無風状態なので日が昇ると暑さが気がかりだ。

船長の合図で一斉に投入。しばらくすると、右隣のミヨシの人がタコを掛けた。それを見て、アシスタントの豊さんがタモを持ってスタンバイしてくれ、1kg前後のタコがタモに収まった。

掛かっている部分が悪いと取り込み時にバレることも多いそうで、タモですくってくれるのはありがたく、安心して掛けることができそうだ。

その後、左隣の人が掛けたのは1kg前後の良型。私も仲間入りしようと、コツコツと底を引きずるように誘うが、乗る気配がない。その間に右隣の人が2匹目を掛けると、左隣の人も掛けた。

ようやくタコが乗ったと思いながらリールを巻くが、途中でフワッと軽くなって、「うわっ、バレた。」と、つい口に出してしまう。これが乗った時の重さなのか、乗せ方がいまひとつ分からず不安気味だったため、掛け方が甘かったのと、リールを巻くスピードが遅かったようだ。せっかく掛けたのに残念だ。

タックル交換でバラし減少

気を取り直して釣りを再開。しばらくすると両隣でタコを掛け、出遅れて私にもタコが乗った。今度は先ほどより速くリールを巻て水面にタコが見え、アシスタントの豊さんがタモですくってくれて一安心。0.86kgで、目標の1kgには届かなかったが、キープできただけでもヨシとした。

その後はタモ入れ直前の水面でバラシ。次はリールを巻く途中でのバラシで、数を伸ばすことができない。そこで、もう1本用意。2.4mオモリ負荷80号のサオ、リールはPE4号を巻いたSLS小船400のセットにチェンジ。タコエギはそのままのカラーを使用した。

すると、タコが乗ったのがよく分かるようになり、2匹連続で掛けた。サイズは0.8kgと1.25kgで、1kgオーバーが交じってホッとした。

最終釣果

アタリがなくなり少し移動して、次のポイントは水深15m。少し潮が速いようで底取りが難しい。船長からは、「底が取れない人は、少しオモリを追加してもいいですよ」とのアナウンスが流れる。そこで、オモリ25号を1個追加すると、うまく底が取れるようになり、0.5kgと0.3kgを追加。乗せるタイミングが分かってきたころ、残り1時間となった。

日差しが強くなって暑くなり、30分前に当日一番の大ダコ1.6kgを追加。15分前にも掛けたと思ったら、30cmぐらいの貝殻だった。

そして、午後1時に沖上がり。船でのマダコ釣り初挑戦だったが、0.3~1.6kgが6匹で、総重量が5.4kg(1匹平均0.9kg)で、満足のいく釣果だった。

初挑戦エギタコ釣りで1.6kg頭に6匹 乗り分からず苦戦【石川丸】釣果を披露(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

晩ごはんはタコ三昧!

夜はタコ刺し、吸盤の刺し身、ゆでダコ、唐揚げでおいしくいただき、残りは冷凍にして次回のお楽しみ。

初挑戦エギタコ釣りで1.6kg頭に6匹 乗り分からず苦戦【石川丸】新鮮な刺し身の味は格別!(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

これからの釣行は暑さ対策も注意した方がいいだろう。

初挑戦エギタコ釣りで1.6kg頭に6匹 乗り分からず苦戦【石川丸】サクッと揚がった唐揚げも美味(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

<週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:石川丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年8月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。