夏のオナガ狙いフカセ釣り 大型ヒットでバラし連発【大分・米水津】

夏のオナガ狙いフカセ釣り 大型ヒットでバラし連発【大分・米水津】

7月15日、今年初となる大分県佐伯市米水津の磯へ、いつもお世話になっている功明丸を利用して、松本広志さんと夏の尾長(オナガ)グロを狙いに釣行した。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・尾家伸之介)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

大分県「ウドバナ」でフカセ釣り

午前2時の便で沖黒島へ向けて出港し、私たちはウドバナへ上礁。ウネリがあり、夜釣りで狙うため、すぐにまきエサと仕掛けを作る。

まきエサはオキアミ2角、ボイル1角、グレパワーV9徳用3袋、パン粉2kgを夜釣りと日中用に分けて作る。仕掛けはウキにLFスマート0号、ハリス3号、ハリはあわせ尾長7号、ミチイトは新製品のビジブルフリーをセット。

夏のオナガ狙いフカセ釣り 大型ヒットでバラし連発【大分・米水津】釣り場略図(作図:週刊つりニュース西部版 編集部)

夜釣りで60cmヒラスズキ

松本さんは船着き、私は高場の裏へ入り、まきエサを足元へぱらぱらと手でまきながら釣り開始。

松本さんは次々と良型アジを釣り上げ、私はラバーガン玉G2を付けて沈めていると、サオ引きのアタリが。掛けた瞬間に海面に飛び上がってバシャバシャとエラ洗いを始め、船着きへ回って松本さんにタモですくってもらったのはヒラスズキ60cmだ。

その後は単発的なアタリでアジが釣れたが、尾長の一発はなく、夜釣りは終了した。

夏のオナガ狙いフカセ釣り 大型ヒットでバラし連発【大分・米水津】夜釣りでヒラスズキ60㎝ゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・尾家伸之介)

朝マヅメに40cm連発

朝マヅメ用の仕掛けを作る。ウキは新製品のジャイロ‐NLCの0号、ミチイトはビジブルフリーの1.75号、ハリスは2.25号で、直結部にラバーガン玉PROのG5を打ったタナ3ヒロ弱。

夏のオナガ狙いフカセ釣り 大型ヒットでバラし連発【大分・米水津】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・尾家伸之介)

明るくなり、沖の潮の変化や潮目を狙うがアタリはない。まきエサに姿も見えず、ハリスやハリのサイズを下げて狙う。

潮の流れが変わると、まきエサにエサ取りやクロなどが見え、潮目を流すと仕掛けがなじみ、ウキがシモり始めると一気に海中へ消えてサオに乗った。足元に一気に走り、キワの根に入り込むのをゆっくり浮かせるときれいなクロが現れ、松本さんがタモですくってくれたのは尾長35cm。時合いのようで、松本さんも同型を釣り上げた。

すぐに同じ潮目を狙うと連続でヒットし、今度は引きが強くてなかなか浮かず、途中で根に入られたが引きずり出し、海面に現れたのは良型の42cm。これも松本さんにタモ入れしてもらった。潮が良く、40cmを追加したが、何度も釣りを中断してタモ入れをしてくれた松本さんに大変迷惑をかけてしまった。

夏のオナガ狙いフカセ釣り 大型ヒットでバラし連発【大分・米水津】口太35㎝をキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・尾家伸之介)

大型ヒットでバラシ連発

その後も大型を交えてヒットするが、2人ともアワセ切れやチモト切れ、走りを止めることができず高切れなどでウキを何個もロストしてしまった。

まきエサ浮かせるのでタナは2~3ヒロで、まきエサのタイミングで食わせるように心掛ける。しかし、タイミングがまちまちなのでうまくつけエサが同調せず、潮の流れが変わり始めるとエサ取りも消えて尾長も見えなくなってしまった。

釣れない時間が続き、やがて大きな潮が流れて変化が表れた。仕掛けを深く入れて上げてみるとつけエサが冷たく、底の方は水温が低くて魚の活性が下がっている。仕掛けがなじむとウキが沈むように調整して深場を狙い、単発的に追加することができた。

キワ付近を集中して狙っていた松本さんは良型アカハタやサンノジなど、バラシもあり引きを楽しんでいた。

回収1時間前の午後2時には道具を片付け、周辺のゴミを拾って、こぼれたまきエサのカスを流して終了。釣果は夜釣りでヒラスズキとアジ、朝マヅメ~日中に尾長35~42cm5尾と、土産を含めて釣ることができた。

梅雨(つゆ)が終わり、これから夏本番の釣りとなるので、十分な水分補給と休憩など取りながら尾長を狙ってみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース西部版 APC・尾家伸之介/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
功明丸
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年8月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。