ショアテンヤタチウオ&サーフトローリング(弓角)釣行【三保海岸】

ショアテンヤタチウオ&サーフトローリング(弓角)釣行【三保海岸】

梅雨も終わり、夏本番の陽気の中、風物詩を狙いに。連日のように回遊のあるタチウオをテンヤで、さらに、ここ最近になり釣果が出てきたソーダガツオを狙ったサーフトローリング(弓角)釣行に、三保海岸に出かけた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・永井航)

Wataru_Nagai
Wataru_Nagai

初めまして、永井航です。現在は静岡市を中心にショアジキングをはじめとする様々な釣りを行っています。楽しい釣りライフを一緒に送りましょう!

Wataru_Nagaiの担当記事を読む
×閉じる

海釣り 堤防釣り

サーフのテンヤタチウオ

日付の変わる少し前から釣り場に到着し、友人はぶっこみ釣りを開始。ついでに私も片手間にぶっこみ釣りをした。

連日の釣れ具合などから潮回りは特に考慮せず、釣りに向かった。友人とぶっこみ釣りのアタリを待つ間、シーバスタックルでタチウオを狙った。

今回は東京湾で釣りのすることの多い友人の薦めでタチウオテンヤを使ってみた。タチウオテンヤは初めてのため、使い方の説明を受けつつ開始した。

ショアテンヤタチウオ&サーフトローリング(弓角)釣行【三保海岸】タックル例(作図:週刊つりニュース 編集部)

テンヤで早々にF4級が登場

タチウオテンヤの基本的な使い方はただ巻きだが、友人は、軽いしゃくり&フォールを繰り返すのがオススメとのことなので、早速それを実践した。

友人曰く、魚がいればすぐに反応が出るらしく、実際にビックリするほどすぐに魚から反応が出た。アタリの回数はジグとは比べ物にならない。

ルアーの感覚ですぐに合わせを入れたがスカ。次のアタリではテンションを掛けたまま2~3秒と僅かな時間ではあるが食わせの間を入れてから合わせるとヒット。

魚がテンヤを咥えて移動するのが感じれる。緊張の一瞬だ。タチウオらしい引きをして揚がってきたのはF4クラスの良型だった。

ショアテンヤタチウオ&サーフトローリング(弓角)釣行【三保海岸】良型タチウオをゲット(提供:WEBライター・永井航)

コツを掴んでからはヒットを連発させたが、テンヤはフックが大きいためか、咥えきれていない単発のアタリを捉える事が難しい。友人もテンヤを弾くだけのような単発のアタリに苦戦していたようだ。

ショアテンヤタチウオのコツ

私は、普段サーフからはジグをメインにタチウオを狙っているが、テンヤもジグ同様にアクションがとても似ている。ショアジギングでタチウオを狙うことのある人ならすぐにコツを掴めるはずだ。

ただタチウオテンヤはジグと比べて飛距離でない。そのため遠投が必要な場面では不利になる場合もあるだろう。遠投が有利になるケースもあるサーフでは、地形やその日の状況等をしっかりと考慮すると良いだろう。

また、ヒットやバラシがあると餌がボロボロになることが多い。そうした場合は面倒くさがらずエサを交換しよう。

食いが立つと餌の付け替えに時間を取られてしまう。また食いが立っている場面はジグやルアーの方が手返しには分があり、釣果に繋がってくるだろう。テンヤとルアーをその日の状況に合わせて使い分ければ、数釣りが楽しめるはずだ。

次のページでサーフトローリング(弓角)で青物チャレンジ!