ライトジギングで50cmオーバーアコウ【福岡・ガイドサービスセブン】

ライトジギングで50cmオーバーアコウ【福岡・ガイドサービスセブン】

7月前半、梅雨の中休みで貴重な晴れ間、ガイドサービスセブンで乗り合いのスローライトジギングで出船。50cm超えのアコウやアカヤガラなど珍味を釣り上げ楽しんだ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ライトジギングへ

ライトジギングで50cmオーバーアコウ【福岡・ガイドサービスセブン】タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

梅雨の中休みで貴重な晴れ間、ガイドサービスセブン(北九州市・小倉港)で乗り合いスローライトジギングに行きました。

天気も良く風も穏やかで絶好の釣りびよりだが、午後から風が吹く予報のため近海を攻めていこうと船長から案内があり出船。

同船者にアコウがヒット

釣り場に到着、水深25mのシャローエリアです。ジグはマキエ40gで攻めて行くことにします。潮が動かず活性が低いのかアタリがなく小まめに移動しながらアタリを探して行きます。

同船した方がぽつぽつと持ち帰りサイズのアコウやアラカブを上げている中、私は小サバやエソばかり。ジグのカラーを替えて探っていると、ググっと引っ張られドラグが出されますがフッキングするも乗らず無念のバラシ。

ライトジギングで50cmオーバーアコウ【福岡・ガイドサービスセブン】同船者の方がアコウをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

フロントフック交換でヒット

船長から「ハリ掛かりが悪いね、このハリ使ってみて」と貸していただいたのでフロントフックを付け替えて再度船長の指示ダナを探って行くとまたアタリ!

フッキングすると今度は乗せることができました。

ライトジギングで50cmオーバーアコウ【福岡・ガイドサービスセブン】船長から借りた刺さり抜群のフックが奏功(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

上がってきたのはアカヤガラで、船長からは「これはお刺し身でおいしいんだよ」とさばき方を教えて頂きました。

ライトジギングで50cmオーバーアコウ【福岡・ガイドサービスセブン】高級魚アカヤガラをキャッチ!(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

53㎝アコウも登場!

さらに探り続けていると、グンっとひったくるようなアタリに思わずフッキング。上げていくと硬めにセッティングしたドラグが鳴り響き、船長が「これは良い型やね」とニッコリ。

上がってきたのは53cmとビッグサイズのアコウで同船者の方みんなで「良い型だね」と喜んでくれました。

ちなみに同船者の方はスズキやイサキなどさまざまな魚種を上げている方もいて大満足の楽しい一日になりました。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ガイドサービスセブン
TEL=090-1871-1459、090-2961-1459
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年8月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。