外房外川~飯岡エリアで夏ビラメ解禁!釣り方をおさらいしよう【千葉】

今年も外房外川~飯岡エリアでヒラメ解禁。これから夏場にかけて活性高い数釣りの盛期となる。また、シーズン初期には大型が上がることもあり期待がもてる。そこで今回は、夏ヒラメ釣りのタックルや釣り方の基本を解説。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

夏ビラメ解禁

外房外川~飯岡エリアで6月1日からヒラメが解禁。これから夏場にかけては活性高い数釣りの盛期となり、いい日はツ抜けが期待できる。また、場荒れしていないシーズン初期には大型が上がることも。

外川の源正丸では河口前水深30m前後を狙い、7日2kg頭に2~4尾にソイ、マトウ。過去には6kgオーバーも上げている。

数釣りが楽しめる

飯岡の隆正丸では真沖水深20m前後を狙い。10日1人で0.4~1.2kg6尾にマゴチ。9日3.4kg頭に0~3尾。解禁当初には6.5kgの実績がある。

大型も狙える

タックル

タックル例

標準的なタックルはイラストの通り。船宿によってはライトタックルも可。

感度がよく、よりスリリングなやりとりが楽しめ、手持ちでも疲れにくいのが利点だ。トラブルがないよう、事前にミチイトやオモリの号数は確認しておこう。

ポイント

外川地区は利根川河口~外川沖の広大なエリアを、飯岡地区は真沖を攻める。

特に後者は、一般的な船を流して広く探る”横流し釣り”ではなく、岩礁や魚礁周りをピンポイントで攻める”ポイント釣り”で狙うことが多い。

水深は10~20mほどと浅いため、横走りの強烈なファイトを楽しめる。

基本の釣り方

ポイントに近づき船がスローダウンしたらイワシを付ける。親バリは上アゴに掛けるのが基本。魚が小さい場合などは鼻掛けがいい。孫バリは根掛かりが少ない場所は腹掛け、多い場所は背掛けと使い分けるのが基本。

タナはイワシが底上0.5~1mを泳ぐように取る。濁り潮や低活性時は低め、澄み潮や高活性時は高めにセットするといい。

竿は手持ちが基本。こまめにタナを取り直せる。これが誘いになりやすい。置き竿にする場合もタナの取り直しは根掛かり回避のためにも欠かさずに。

アタリはゴンゴンと明確に現れたり、モゾモゾと竿先にでたりと様ざま。じっくり食い込みを待ってもいいが、活性が高い今の時期は早めに聞きアワせても十分掛かる。ヒットしたら竿の角度を水平以上に保ってリーリング。取り込みは必ずタモを使おう。

横流し釣り詳細図

持ち帰り方

夏は鮮度が落ちやすいので、取り込んだらすぐに血抜きをしてクーラーへ入れよう。

「冬が旬」と思われがちなヒラメだが、この時期も食味は十分。上品な白身は刺し身や焼き物、煮物に最適。たくさん釣れたら空揚げや味噌漬けなどにアレンジしてみるのも面白い。

次ページでオススメ船宿紹介