夜間堤防フカセ釣りで47cmクロダイに38cmメジナ!【西川名港】

5月22日(水)、シケ後の大型マダイを狙って千葉南房の西川名港へ夜釣りにでかけた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

大型狙いのフカセ釣り

当日は、荒れ後の大型マダイがターゲット。

満潮いっぱいは20時頃、釣り場には19時に到着。すぐに支度して釣り始める。2号竿にミチイト、ハリスともに5号の太仕掛け。

当日のタックル

この場所では過去に釣友が、80cmオーバーを上げていて、大型コロダイも釣れている。何がヒットするか分からないので楽しみだ。

周辺略図

短時間勝負でコマセ多め

オキアミエサでウキ下を2ヒロ半。しばらく残ってきたが、すぐにエサ取りが現れて残らなくなった。ウキを押さえるようなアタリはでるが、アワせても掛からない。

「短時間勝負」と決めているので、多めにコマセを打ち込む。

仕掛けを入れる場所を変えながら探っていくと、潮は港から外へゆっくり流れていい感じ。

強引制して47㎝クロダイ

単調な打ち返しを続けていると、20時半に港出口から少し流れたところでウキがシモっていった。聞いてみると、竿に重さが乗ってくる。魚だと感じてアワセを入れると強引に変わる。

なかなかの手応えだが、仕掛けが太いので余裕で浮かせてタモに収めたのは47cmのクロダイ。

狙った魚ではないが、オデコにならず、ホッとする。

47cmクロダイ!

38㎝尾長メジナを追釣

1時間後、再びウキがアタリをとらえた。今度は38cmの尾長メジナ。

「やはり、大型のマダイはそう簡単には釣れないものだ」と、思いながら釣り続けるがアタリはない。

38cm尾長メジナを追釣

22時半、コマセ終了とともに納竿となった。

これからは暑い日中を避けた半夜釣りがいいと感じた。

<週刊つりニュース関東版 千葉・大熊規男>/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
西川名港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年6月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。