ライトロックゲームで泣き尺カサゴ 潮の動き出しで【千葉・袖ヶ浦港】

ライトロックゲームで泣き尺カサゴ 潮の動き出しで【千葉・袖ヶ浦港】

5月初旬~中旬、千葉・袖ヶ浦港にルアーカサゴの夜釣りに2回釣行した。例年この時期には数釣りが望めるので、期待を込めて向かう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ライトロックゲームの釣り方

ポイントは千葉袖ヶ浦周辺の港湾部。狙うのは、大きな地形変化や根などのストラクチャーが多くある場所、または消波ブロックが入り組んでいるところ。

簡単なタックルで狙えるターゲットで、引きが力強くて楽しい。テキサスリグを使用したルアー(ワーム)釣り。広範囲にキャストしてボトム付近をズル引きしたり、ボトムパンプ(軽く跳ね上げ)したりしながら反応を探る。

ライトロックゲームで泣き尺カサゴ 潮の動き出しで【千葉・袖ヶ浦港】当日のタックル

潮の動き出しで29㎝カサゴ

初回は、以前に実績があったポイントからスタート。

ボトム付近をゆっくり引いて、本命からの反応を探るがまったくない。時間だけがすぎていくが、潮止まりからスタートしたので「もうすこししたら反応はでてくるだろう」としばらく、地形変化をチェックする。

ラインを通して潮が動きだしたのが分かる。地形変化が大きかった場所にキャスト。ボトム着底後、軽く跳ね上げながらアピール。ゴゴッゴゴッという本命からの反応にアワセをいれた瞬間、グイグイと力強い引きで抵抗をみせる。

ライトロックゲームで泣き尺カサゴ 潮の動き出しで【千葉・袖ヶ浦港】根に潜られないようにやりとりをして上げた

根に潜られると厄介なので、すぐに浮かせる。ゆっくりやりとりするとかなりの重量感で、大型の期待が高まる。姿が見えたところで無事にキャッチ成功。

「尺(30cm)超えかも」と計測するが、あと1cm足らず残念。良型キャッチに満足、リリースして終了した。

ライトロックゲームで泣き尺カサゴ 潮の動き出しで【千葉・袖ヶ浦港】尺に1cm足りないカサゴ

2日目は上げ潮からスタート

2回目は5月中旬、上げ潮のタイミングからエントリー。

この日は本命からの反応がひん繁にあるものの、うまくアワセが決まらず、バラシが多発。4連続でキャッチミス。

「次こそは!」とすこしアワセを遅らせると、今度はフッキングに成功。

数メートル間隔でキャストしながら探っていくが、パタリと反応はなくなってしまう。元の場所に戻ると1投目にアタリ。「キャストポイントが数メートル変わっただけでこんなにも反応に差がでるのか」とびっくり。

苦戦しながら2尾目をキャッチ

ふたたび同じところにキャストしてズル引きを始めた瞬間、ゴゴッと本命からのアタリ。今度はしっかりルアーを食わせてキャッチ成功。

まだまだ反応はあったが、風が強くなってきたので終了した。

ライトロックゲームで泣き尺カサゴ 潮の動き出しで【千葉・袖ヶ浦港】バラシに苦戦しながらも2尾

ルアーで狙うカサゴは手軽に楽しめるターゲットなので、今後も期待してチャレンジしたい。

まだ好期が続く根魚。エサでもルアーでも、魚がいればすぐに反応してくれる。ぜひ、チャレンジしてほしい。

<週刊つりニュース関東版 千葉・関根勇太/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
袖ヶ浦港周辺 
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年6月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。