剣崎沖のっこみマダイ船中50尾 落とし込みが吉【神奈川・瀬戸丸】

4月17日(水)、東京湾剣崎松輪港の瀬戸丸からマダイ狙いで出船。もちろん狙いは「これぞ乗っ込み」という良型マダイだ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ハリスは4号12mで

前日、状況確認のため電話すると、

「アタリは多く、連日3~5kgが上がっていて、ハリス切れのバラシも何度かありました。ハリスは4号12mで、ハリ9号以上の1本バリ仕掛けがいいですよ。
ビシは、あまりコマセを出し過ぎると食いが落ちるからFL80号ですね。」
と、アドバイスをいただいた。

当日のタックルと状況

5時に受け付けを済ませ、港前の駐車場に向かうと、平日にもかかわらず、ほぼ満車。乗っ込み人気の高さがうかがえる。

6時半少し前、釣り人15人を乗せて出港。私は左舷ミヨシに入る。15分ほど走ったところでスローダウン。

すぐに船長から
「上から40mです。45mまでおろして、コマセをふって指示ダナで止めてください。誘いや落とし込みをする人は、指示ダナの上下2mの範囲でお願いします。
タナボケするので、くれぐれもその範囲を守ってください。」と、注意が出る。

全員、仕掛け投入。

当日のタックル

1投目から船中トリプルヒット!

さっそく、「朝イチいい反応がでています」と、マイクパフォーマンス。すると、その言葉通り、第1投目から3人同時ヒット。

左舷ミヨシ3番の井尻さんに良型、右舷ミヨシ2番の梅原さんと左舷トモの池田さんは、それぞれ3kg近い大型をタモ取り。3人ともハリス4号12mで、船長の指示ダナぴったりで食ってきたという。

池田さんの良マダイ

また、池田さんは、「きょうは、なにが何でも大ダイを釣ろうと思い、ハリはデカいのがきてもスッポ抜けないように12号のハリを結びました」とコメント。

このあとの流し替えでも、誰かが竿を曲げる好スタートで、右舷トモ2番の女性アングラー、星野さんは本命を釣り上げ満面の笑顔。

浅場で4kg超え登場!

隣の熊沢さんは2連発。船中、大半の人が型を見る絶好調。

10時、指示ダナ20mの浅場に小移動。

すぐ、左舷トモ2番の野村さんの竿先がズドンと海面に突き刺さる。
かなりの引きで大型を想像させる。

慎重なやりとりで上がってきたのは4kg超。船内は拍手喝采だ!

4kgマダイ

このあと、右舷ミヨシの山田さんに本命マダイ。

私も「何とか型をみよう!」と、気合をいれて釣りに臨む。いままで、置き竿主体の静の釣りから、落とし込みを多用する動の釣りへシフト。

次のページで最終釣果発表!