【響灘】船釣り最新釣果情報 乗っ込みマダイに13.4kgヒラマサも

【響灘】船釣り最新釣果情報 乗っ込みマダイに13.4kgヒラマサも

好釣果が続く九州、響灘の船釣り。春の乗っ込みマダイ4kg~7kgが続々顔見せ。最新の釣果情報をまとめて紹介します!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

PONTOS・幸雅丸

4月13日、北九州市小倉北区高浜港のPONTOS・幸雅丸がタイラバ・タイジグで響灘方面に出船。前半は青物のラッシュから始まりハマチ4kg頭に数ヒット。その後、潮が行きだすとマダイが立て続けに釣れだし良型4kg頭に10尾をキャッチ。

後半は、潮が緩んだため根魚を狙うと良型アコウやボッコを追加し土産十分の釣果となったようだ。船長は「ジグにアタリが多い日でした。今後は乗っ込みマダイが期待できます。」と話している。

【響灘】船釣り最新釣果情報 乗っ込みマダイに13.4kgヒラマサもマダイが好調

▼この船について
PONTOS 幸雅丸
エリア:北九州エリア
出船港:高浜港

【響灘】船釣り最新釣果情報 乗っ込みマダイに13.4kgヒラマサも

GREEN

4月13日、北九州市小倉北区・高浜港のGREENがチャーター便で響灘方面に出船。タイラバで近海エリアを探るとマダイ1kgクラスが順調にヒットしたほか、ヒラゴ、ハマチ、アマダイ、アコウ、アラカブなども追加しいい土産ができている。

【響灘】船釣り最新釣果情報 乗っ込みマダイに13.4kgヒラマサも好土産をゲット
▼この釣船について
GREEN
出船場所:小倉北区高浜港周辺

EBISUYA

4月13日、北九州市門司・大里港のEBISUYAを利用したIさんらは、タイラバで響灘沖に出船。マダイは後半バタバタと釣れ4kg頭に数。アマダイも良型多く好調。良型タカバも数追加。船上は多彩な釣果で賑わった。

【響灘】船釣り最新釣果情報 乗っ込みマダイに13.4kgヒラマサも大ダイをゲット
▼この釣り船ついて
EBISUYA
出船港:門司大里港

天力丸

4月12日、13日、16日とアジ泳がせで響灘方面に出船した北九州若松脇田漁港の天力丸。この3日間とも魚の活性は高く良型のタカバ、アコウ、ボッコ、チカメキントキなど多彩に釣れた。

13日は1投目から良型アコウやタカバが入れアタリの場面もあり、今季一番の好釣果となり乗船者の人たちはクーラーを満たしている。写真は小林さん、良型チカメキントキをはじめボッコ、タカバなど釣り上げ、泳がせ釣りを満喫していた。アジ泳がせ・メバル釣りとも活性が上がり、今後も期待できそうだ。

【響灘】船釣り最新釣果情報 乗っ込みマダイに13.4kgヒラマサも色鮮やかなチカメキントキを披露

▼この船について
天力丸
エリア:北九州エリア
出船港:若松脇田港

【響灘】船釣り最新釣果情報 乗っ込みマダイに13.4kgヒラマサも

祥季丸

4月12日、北九州市門司区・大里港の祥季丸は響灘沖に出船。写真の石村さんは、タイラバで87cm7kgの大ダイを見事釣り上げ披露してくれた。これを頭に1~3kgが順調にヒット。乗っ込み間近で楽しみ。ほか、ブリやアコウ、アオナなど釣果は多彩。

【響灘】船釣り最新釣果情報 乗っ込みマダイに13.4kgヒラマサも大ダイヒットで大満足

初心者の人もレンタルがあるので興味がある人は、ぜひご相談を。

▼この釣り船ついて
祥季丸
出船港:門司大里港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年4月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。