【響灘】船釣り最新釣果情報 乗っ込みマダイに13.4kgヒラマサも

好釣果が続く九州、響灘の船釣り。春の乗っ込みマダイ4kg~7kgが続々顔見せ。最新の釣果情報をまとめて紹介します!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

太陽丸

4月16日、北九州市・小倉港の太陽丸がタイラバで響灘方面に出船。北九州市から釣行した吉田さんは、序盤は80gのオレンジ系を使用していたそうだが、ブルー系に替えた途端、マダイ1.5kgがヒット。その後、底から25mほど巻き上げた時に強烈なアタリがあり、数分のやり取りの後に大ダイ6kgを堂々キャッチしてみせた。

良型マダイをゲット

▼この船について
太陽丸
エリア:北九州エリア
出船港:小倉港

四季丸

4月13日、北九州市門司区・大里港の四季丸は響灘沖に、ひとつテンヤで出船。
八田さんは6.37kgの大ダイをゲット。これを含め6kg前後の大ダイが数釣れて、のぼりダイの好釣果を満喫した。今後も好釣果が期待できる。

好釣果を満喫
▼この釣り船ついて
四季丸
出船港:門司大里港

光生丸

4月14日、北九州市若松・北湊の光生丸がスロージギング・スーパーライトジギングで響灘方面に出船すると、朝イチからヒラマサのラッシュに突入。それらを手堅くキープし、沖へ移動するとブリ~ヤズ、アマダイ、マダイ、ホウボウ、レンコ、イトヨリ、アラカブなどを追加。多彩な釣果が上がり、乗船者らは各魚種特有の引き味を楽しんだようだ。

ヒラマサラッシュでゲット
▼この釣船について
光生丸
出船場所:若松・北湊から響灘に出船

胡百

4月13日、北九州市小倉港の胡百がアジ泳がせ釣りで響灘方面に出船。この日はヒラメをメインに狙うと、船中ではザブトン級83cmを頭に65cmまでを6尾と好釣り。ほかにも大型タカバ、ボッコ~アラカブ、アコウ、マトウなどに加え大型ブリ10kgオーバーも仕留めて乗船者らのクーラーは満タンに埋まっている。

ザブトン級のヒラメをキャッチ

▼この船について
胡百
エリア:北九州エリア
出船港:小倉港

Elephant

「乗っ込みマダイの本番が迫っています」とは、北九州市・小倉港のElephant。4月13日、タイラバで響灘方面に出船すると一日通して食いが活発な状況で、大ダイ78cmを頭に69cmや54cmを含め8尾をキャッチ。ほかブリ7kg頭に8尾、アコウ、チカメキントキ、アオナ、タカバ、ヤリイカ、ボッコ、カレイ、アマダイ、マトウダイ、レンコ、イトヨリ、ホウボウなどのゲストも多数交じる好釣果となったようだ。

大ダイを堂々披露
▼この釣船について
Elephant
出船場所:小倉港

Trip

4月9日、北九州市戸畑港から案内中のTripがジギング・スーパーライトジギングで響灘方面に出船。当日は風裏での釣りを展開し、ヒラメ2kgや中大型イサキ、アコウ、マダイ1.5kg、ホウボウなどがヒットすると、ラストに強烈な引きが急襲。やり取りを制し、上がってきたのは圧巻の大マサ116cm13.4kg、見事に「膝乗せサイズ」をキャッチしてみせた。使用したジグはMMジグ150gシルバー。

膝乗せサイズの大マサを手中に
▼この釣船について
Trip
出船場所:戸畑港

次ページでも好釣果!