強風のエギングで2kgオーバー頭に船中アオリ13杯【三重・志摩沖】

強風のエギングで2kgオーバー頭に船中アオリ13杯【三重・志摩沖】

3月上旬の釣行ではキロアップも交じり数には恵まれたものの、常連アングラーとの型の差は歴然。どうしてもホワイトモンスターが釣りたいと3月23日、三重県・志摩沖に、アオリイカ狙いの単独エギング釣行した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

最終釣果

そして残り1人が釣ると全員安打となるよと言っていたら、その人に良型がヒット。無事全員釣れて午後3時に沖上がりとなった。

厳しい釣行だったが全員で13匹。2kgオーバーは4匹で私は2290gと2140gの2匹釣ることができた。

強風のエギングで2kgオーバー頭に船中アオリ13杯【三重・志摩沖】この日の最大は2290g

春イカはこれから産卵期を迎え、いよいよ記録物が釣れてくる。ティップランかキャスティングか、ワクワクドキドキしながら3kg超のモンスターを狙って志摩沖に通うしかないだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年4月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。