オフショアジギング&タイラバゲーム ヒラマサ乱舞【福岡・Trip】

3月22日、TEAM雑魚の原田さんから誘われて北九州市戸畑からTrip号に乗り込んだ。当日は前半をタイラバゲーム、後半にオフショアジギング堪能した。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日の状況

午前7時に出港し、約30分で藍島周辺海域に到着した。風が強く水温は14度。海上は結構荒れていて魚の活性も低いと思われる中、ドテラで流していく。みんなはジグで、私はタイラバで様子を見る。

マダイはじめヒット連発

タックル例

水深は30mから40mの起伏の激しい海底にゴールド色の玉をチョイスしてワクワクドキドキしながら落としていく。魚探の中層に良い反応が出ている。ステイして20巻きのところでさっそくアタリ。ロッドを2、3回あおり、フッキングを確実にしてタモ収まったのは40cmのきれいなマダイだ。

意外と魚の活性は高く、こんな調子でアコウ、アラカブ、エソ、タカバ、ヒラメ、ホウボウなどの高級魚のお土産が釣れ気分は上々。そして船長に他船からヒラマサが良く釣れていると連絡が入りただちに移動した。

移動してヒラマサ入れ食い!

移動してすぐに、前のお客さんにヒラマサがヒットした。原田さんにもヒットしてさらに真ん中のお客さんにもヒットしてトリプルヒットだ。一番前の釣り人にはヒラマサとブリのダブルヒット、2番目の釣り人と原田さんにもそれぞれ3kgのヒラマサを取り込んだ。

すかさずジグを落とした私にもフォール中にドカンとアタリがありフィッシュ!

ライトタックルだが強引に巻き上げ4kgのヒラマサをゲット。

4kgのヒラマサをゲット

トリップのサポーターヒカリちゃんにもヘビーなアタリがあり同サイズのヒラマサを取り込んだ。まさにヒラマサ祭りで、この後も怒とうの入れ食いが続いた。

入れ食い堪能

次のページで最終釣果