車中泊活用で自然派女子ステップアップ 寝顔バレ防止に一手間レシピも

今回は女性でも出来る車中泊の方法についてご紹介します。一番のネックは、やはり安全面。そして寝てるところを誰かに覗かれない?心配と悩んでいる女性陣も、これを読めば大丈夫!これからは車中泊を上手に活用して、自然派女子をさらに楽しんじゃいましょう!

今井美歩
今井美歩

夏は鮎釣りに夢中な天然記念物釣りガール。他にも渓流、オフショア、磯、サーフと楽しさ求めてアクティブに挑戦中。大学では生態学を専攻。魚のこと、釣りのことならおまかせ!

今井美歩の担当記事を読む
×閉じる

その他 お役立ち

快適な車中泊の季節は

防犯上、車のドアロックを締め切った状態で快適に睡眠できる季節限定です。具体的には5月~6月や10月〜11月といった涼しい時期がおすすめです。

標高が高い地域や、北海道ではまた変わってくるとおもうので行く場所に合わせるようにしてください。

フルフラットがベスト

車中泊なので車の中で睡眠をとることを前提に考えないといけません。そのため絶対条件として、座席がフルフラットになる車が必要になります。

ここからは私の愛車、ノートのE11型を例にとって紹介します。現行のノートの年式も同様の作りだと思うので参考になると思います。

コンパクトカーでもOK

コンパクトカーですが、ノートは後部座席を前に倒すとトランクと一直線になりかなり広い平らなスペースになります。

それに加え、運転席のヘッドレスト、運転席後ろの席のヘッドレストも外し、運転席を後ろに倒すと、隙間なく足をのばして寝転がれるような空間が完成します。

就寝スペースは確保

エアーマットがおすすめ

しかし、これだけだと車のマットレスではかなり、硬く寝苦しいので、自動膨張式のエアーマットと寝袋をしいています。

これで背中も痛くない

これらと毛布、枕になるぬいぐるみをまとめてトランク下のラゲッジスペースに常備しています。これでいつでも仮眠が取れます。

収納もコンパクトに