魚を釣ったら5分でご飯 『現地食い』に最低限必要な6つのアイテム

魚を釣ったら5分でご飯 『現地食い』に最低限必要な6つのアイテム

釣りの楽しみのひとつ、釣果グルメ。しかし料理下手の私は、昔はリリースばかり。でもやっぱり「なんとか楽においしく食べる方法はないのか?」と悩んだ末にたどり着いたのが、「釣った1分後に食べる!」という方法。ここではその魅力と必要なアイテムを紹介します。

TSURINEWS編集部

お役立ち

最適な場所は?

釣った魚をその場で食べる、ということで、さばいたりする場所は必要です。やろうと思えばどこでもできますが、最適なのは護岸された場所。磯などでは安定せず、思わぬ危険があるかもしれません。

波止など、足場がしっかりした場所にしておきましょう。

対象魚種は?

やっぱり海の魚が美味しい!普段「いらない!」とリリースしてしまう種類も意外と美味しいことに気が付くでしょう。

ちょい投げやサビキで狙えるシロギス、イワシ、メジナ、ベラ…いろいろ食べましたが、なかでもイケていたのはカサゴ!一般的に美味とされている魚はやはりひと味違います。陸から気軽に狙えるターゲットですから、この魚はお勧めですね。

魚を釣ったら5分でご飯 『現地食い』に最低限必要な6つのアイテムカサゴがオススメ

夜釣り

夜はよりテンションが上がります。

ここで最も大切なのは明かり。ナイフや包丁でけがをしないように、しっかり照らせるものが必須です。周囲の人に迷惑をかけないよう光量は調整を。お酒はほどほどにね!

魚を釣ったら5分でご飯 『現地食い』に最低限必要な6つのアイテム夜釣りでも

管理釣り場

「自信がない」とか「なんだか恥ずかしい」という人は、バーベキュー可能な管理釣り場に行くといいでしょう。魚種はニジマスなどに限られますが、水道や調理場が確保されているので子ども連れにも安心です

魚を釣ったら5分でご飯 『現地食い』に最低限必要な6つのアイテム管理釣り場もおすすめ

釣れなかったら・・・

オデコだったときのためにカップラーメンを持って行きましょう…。ひもじい思いはしなくてすみます。そして外で食べるカップラーメン、これがまた美味しいんです。

注意点

釣り場での調理を行う場合、以下注意点を厳守してください。また調理など怪我やトラブルなどは、あくまでも自己責任ということを肝に銘じてほしい。

・火気厳禁の場所かどうか。禁止されている場合は刺し身のみで我慢。
・ひとりだとむなしくなる可能性あり。家族や友人と、できれば2人以上で楽もう!
・くれぐれも毒魚に注意を
・ゴミを残さない!

<大谷/TSURINEWS・関東編集部>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。