ダンゴ釣りで36.3cmヘラ【大阪府・フィッシングセンター竹の内】

ダンゴ釣りで36.3cmヘラ【大阪府・フィッシングセンター竹の内】

暖かくなってくると、ヘラブナたちも結婚シーズンだ。自然界では、深みから浅場へ移行し、岸辺などの水草などに産卵する。この行動を私たちは「ハタキ」と呼んでいる。4月3日は朝方に快晴だったので、用事を済ませてから大阪・太子町のフィッシングセンター竹の内へと向かった。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

最終釣果

これから釣れ出すだろうと喜んではみたが、強風がアタリを分からなくしてしまって苦戦。 それでもエサをかえたり、アタリらしき動きを拾って、釣果は何とか6匹。小さかった29.5cm以外は全て35cmクラスだ。

間もなくヘラブナの動きは活発になってくるから、バラケはできるだけ使用しない方が得策。使用すると水面下に浮いて、床で釣りにくくなるから、そこを考慮して釣るのが一番だ。

<森宮清釣/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
フィッシングセンター竹の内

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。