タチウオテンヤ釣り まさかのゲストはスルメイカ【静岡・田子の浦沖】

3月6日(水)、静岡田子の浦沖へシーズン終盤のタチウオ狙いでテンヤ釣行へ。指3本〜4本半のタチウオにクロムツもまじり、大満足の釣となった。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

タックルと釣り方

17時に集合、ポイントの水深は60m前後。港を出て5分ほどで、友人と私はサーベルテンヤ75~95g、船長はエサ釣りでスタート。

タックル図

仕掛けがタナについたあと、竿先を水面に向けた姿勢で1分ほどキープ、アタリがないようなら2m前後、竿の長さを利用してゆっくり持ち上げて30秒ほどステイ。このあと、50cmぶんミチイトをゆっくり巻きながら竿先を水面まで下ろし誘うパターンを繰り返す。

筆者にファーストヒット

ファーストヒットはラッキーにも私。少し長めのポーズできた。ハリ掛かりはメインフックで、「活性が高いのでは」と、期待したが、あとが続かず。

良型タチウオ

まさかのスルメイカも?

このあと、小移動しながら釣っていくと、遠藤さんにヒット

彼は、エサのサンマに「ウマミパワーエビ」をまぶして使用。私も、大井川エリアなど、サクラエビ漁が盛んに行われている海域で、エビ粉をまぶすことで好釣果を上げたことがあり、このパターンは有効かもしれない。

サンマとウマミパワー

同行したもう1人、岩見さんの竿先に連続したフワフワしたアタリ嬉しいゲストのイカだ。これをうまくアワせて上がってきたのは抱卵したメスのスルメイカ。

この日は、船の集魚ライトに多くのムギイカが集まってきて、駿河湾奥の初夏の風物詩の開幕が楽しみ。

スルメイカをゲット

置き竿でのエサ釣りへ

ここで、テンヤから置き竿のエサ釣りにスイッチ。その日の活性に合わせて、電動リールの最低速度での巻き上げによる誘いや、アタリダナに仕掛けを漂わせる誘いなどさまざま。きょうのヒットパターンは、後者のスタイル。

シーズン後半に加え、雨水による海水温の冷えに伴う低活性時によくアタるパターン。通常使用するハリより、ワンサイズ落して、食い込みを高めるのがキモ。さらに、電動巻き上げによる誘いの釣りに比べ、手返しが悪くなるぶん、いつも以上にていねいなエサ付けを心掛けたい。

やがて、フグが現れ、ちょっとしたアタリを見逃すと、いつのまにかエサがなくなっていることがあるので穂先に集中。少しでも違和感があったら、まめなエサの確認が必要だ。

誘い方がポイント