タイラバ&ジギングで50cmメガアマダイ!【福岡県・Trip】

タイラバ&ジギングで50cmメガアマダイ!【福岡県・Trip】

2月半ば、北九州市戸畑港のTrip(トリップ)に乗り込み、タイラバ&オフショアジギングで釣行した。今回はチーム雑魚の上田さん、花村さんと私の3人だ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日のタックル

タイラバ&ジギングで50cmメガアマダイ!【福岡県・Trip】タックル例

午前8時に出船したがウネリが大きくて、まずは白島周辺の水深30~40m、海底の起伏が激しいポイントからドテラ流しで開始。

50cmメガアマダイ!

潮は中潮、水温はかなり下がっており13.5度。アタリはあるものの、数回流したらすぐさま移動。

魚探に良い反応が出ているが、なかなかアタってこない。時折、コンコンとアタリはあるが再三のすっぽ抜け(笑)。魚が小さいのか下手なのか食い込みが悪い…。

ここでワームを短くセットして落とすと、ステイして8回巻いたところでアタリがあり、やっとロッドに乗った。2、3回ロッドをあおり確実にフッキングして無事に取り込んだのは40cmのきれいなマダイでガッツポーズ。

そして、すぐに上田さんに良い引きで50cmの”メガアマダイ”が釣れた。さらに花村さんにアコウ、内野さんにアラカブなどがヒットした。

65cmヒラメヒット!

船長は潮の状況などを確認しながらどんどんポイントを移し、蓋井島沖にきた。

水深70mでステイさせると、すぐに何かがアタってきた。引きはさほど強くなく、まるで座布団を引っ掛けたようなグーングーンと生体反応は感じるが、姿を現したのは65cmのヒラメだった。このヒラメはとてもおいしかった。

タイラバ&ジギングで50cmメガアマダイ!【福岡県・Trip】良型ヒラメゲット

その後、上田さんがコウイカを釣り上げ船上は大いに盛り上がった。

タイラバ&ジギングで50cmメガアマダイ!【福岡県・Trip】コウイカゲット

<週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この釣船について
Trip
出船場所:戸畑港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年3月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。