東京湾LTアジ絶好調 ダブル・トリプル当たり前【神奈川県・鴨下丸】

東京湾LTアジ絶好調 ダブル・トリプル当たり前【神奈川県・鴨下丸】

強い引き込みで釣り人を夢中にさせてくれたタチウオが終わり、3月初旬からLTアジに切り替わると聞き、3月2日(土)、東京湾金沢八景(漁港内)の鴨下丸 へ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日は横浜沖から

狙うのは横浜沖。小気味いいアタリが魅力的で、上品でほどよい脂が乗った身は、刺し身、タタキ、塩焼きはもちろん、フライ、締めアジ、空揚げ、天ぷら、開いて天日干しなど料理のレパートリーは万能。

集まったのは16人。片舷8人ずつに分かれて乗り込み、私は左舷ミヨシへ。ライフジャケットの着用、喫煙場所の指示などがアナウンスされてから出船。

7時20分、高山将彦船長の舵取りで出港。快晴だが、北風はやや強く、海上は少し波っ気がある。八景島を左手に見ながら回り込み、一路横浜沖へ。航程30分、ベイブリッジ周辺でスローダウン。

LTアジの釣り方キホン

潮回りの間に、ビシカゴにコマセをゆったり目に詰めて、中間と先バリに2本に青イソメをハリ軸いっぱいに通し刺す。やがて反応をとらえると制動がかかり「はい、いいですよ。水深は18m。底上2m前後を狙ってください。」のアナウンスで開始。

東京湾LTアジ絶好調 ダブル・トリプル当たり前【神奈川県・鴨下丸】タックル図

仕掛けを投入してからビシを前方へ振り込む。水深は浅く、アッという間に着底。イトフケを取ったら1m巻き上げて、竿先をチョコンチョコンと2回ソフトに振る。もう1m上げたらタナを合わせて7~8秒、少し長くポーズ。アタリがなければその位置でコマセを振り出し、ふたたびポーズ。

アタリ~抜き上げ

クックッとアタリ、聞きアワせるとグイッとハリ掛かり。

竿が軟らかいので釣趣はとてもいい。ビシが見えたところで竿を立てて引き寄せ、コマセオケに入れる。ミキイトをたぐると20cmほどのアジがヒラを打ちながら上がってくる。腕をいっぱいに伸ばして魚に近いところをつかみ、船中へ一気に抜き上げる。

東京湾LTアジ絶好調 ダブル・トリプル当たり前【神奈川県・鴨下丸】竿頭になった篠原さん

幅広で黄色味がかった美味しそうな魚に思わずニンマリ。

コマセが効いてくると、船中のあちこちで銀鱗を輝かせて中~小型が舞い始める。船は反応が薄くなるとすぐに移動、新鮮な群れを追い続ける。

女性アングラーも活躍!

東京湾LTアジ絶好調 ダブル・トリプル当たり前【神奈川県・鴨下丸】巧みなコマセワークで釣り上げた栗原さん

右舷ミヨシでは3人の女性アングラーが和気あいあい竿を振っている。彼女たちの誰もがアジ釣りに一家言を持つ名手だ。

胴の間に座る栗原さんが巧みなコマセワークでナイスサイズをゲットすると、1人おいた篠原さんはコマセを出したあと、竿先をソフトに上下させ、こまやかな誘いで良型を取り込む。

真剣な面持ちで竿を持つミヨシの栗田さんも次々にハイレベルなテクニックをくり出す。

東京湾LTアジ絶好調 ダブル・トリプル当たり前【神奈川県・鴨下丸】卓越した釣技を披露した栗田さん

アジ2点・3点掛け

トモ寄りに座る常連、謝さんは「彼女たちは順調みたいだけど、こっちはイマイチだよ。アタリが続かない。たまにくるのは小型ばかりだよ。」と言いながらもダブルで取り込む。

東京湾LTアジ絶好調 ダブル・トリプル当たり前【神奈川県・鴨下丸】常連の謝さん

群れの移動は早く、ポツリポツリの状況に。船長はあきらめず、活性の高い群れを追い求める。

後半に入ると、ついに活発な反応をとらえて合図。1投目からメリハリが効いたアタリが竿先をたたく。聞きアワせて、2拍ほど待つと、さらにアタリが続き、きれいな中型がダブル。

太田さんも幅広を立て続けに取り込んで「アタリの頻度が増えて、一段とサイズアップしたね。」と会心の笑顔。

東京湾LTアジ絶好調 ダブル・トリプル当たり前【神奈川県・鴨下丸】幅広を上げてニッコリの太田さん

左舷胴の間の常連、小林立夫さんは卓越した釣技で、3点掛けを達成。猛烈な追い込みをみせる。

東京湾LTアジ絶好調 ダブル・トリプル当たり前【神奈川県・鴨下丸】良型を3点掛けで上げた小林さん

次ページで最終釣果情報発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。