関東人気磯『南ケイセン』でフカセ釣り 43cmメジナ登場【千葉県】

関東人気磯『南ケイセン』でフカセ釣り 43cmメジナ登場【千葉県】

2月17日(日)内房エリアへ釣行。有名ポイントである富浦の南ケイセンで、クロダイとメジナ狙いのフカセ釣りへ向かった!

●千葉県のリアルタイム天気&風波情報

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

富浦の南ケイセンへ

関東人気磯『南ケイセン』でフカセ釣り 43cmメジナ登場【千葉県】ポイントの様子

5時ごろ駐車場に到着、釣り場に向かう。大房岬の駐車場から距離は近いが、高低差があるため背負子があると便利だ。しばらく歩いて安全な地磯で準備。

天気予報は曇りで雨の心配はないが、北風が強く吹く予報。釣り人の姿はなく、ゆっくり準備する。コマセは、オキアミ3kgにグレパワーV9(徳用)と爆寄せグレ2袋を混ぜ合わせたもの2セット。付けエサは生オキアミと、エサ取り対策に練りエサを用意した。

北風が強く吹いているので、小さいウキでは風で仕掛けが動いてしまい安定しないので、自重があるものを使い、幅を長めにとった半遊動仕掛けを準備する。

午前中はアタリ無し

関東人気磯『南ケイセン』でフカセ釣り 43cmメジナ登場【千葉県】使用したタックル

潮が非常に澄んでいるので、上物狙いには厳しそうだ。磯際を中心にコマセを撒きながら仕掛けを振り込んでみると、エサ取りはいない。ウキの周囲にコマセをガンガン打って本命を寄せる。

しばらくアタリはなく、付エサが残っている状態が続く。コマセが効いてくれば釣れると信じて辛抱強く待ち続けているが午前中はシーン。

退屈な時間が経過、昼を過ぎたころ、北風が段々と弱くなってきた。

まずはメジナから

まるでアタリがないので、気持ちが折れそうになるが我慢して遠投や沈み根の周囲を丹念に攻めていると、やがてウキがユラユラと消えていった。待望のアタリなのでひと呼吸おいてから大きくアワせる。

大きくはないが25cmの口太メジナが釣れてひと安心。サイズが小さいので優しくリリース。このころから潮が動き始め、仕掛けがどんどん流れていく。

集中しながらウキを見ていると、スルスルと消し込んだので、慌ててアワせると30cmの同じ魚。

全遊動仕掛けで43cm!

連続ヒットを狙っていると、アタリはあるがヒットしない。小型でも遠投性のいいウキを使った全遊動仕掛けに変更。

すると、この作戦が功を奏し、メジナが連続ヒットする。サイズは30~35cmが多く、強い引きが楽しめる。段々とサイズがよくなっていくので大型を期待。

少し遠投して沈み根周辺をダイレクトに狙うとアタリ。ころ合いを待って大きくアワせる。竿がグイッと曲り重量感ある引き込みに良型を確信。何度も沖に向かって走りだそうとする動きを止めて、距離を近づけると海中からメジナの姿が確認できた。

仕掛けが細いので足元にきてからも何度も疾走するのを耐え、慎重にタモへ誘導。検量すると43cmの良型。連続ヒットを狙って、コマセを撒くペースも上がる。

関東人気磯『南ケイセン』でフカセ釣り 43cmメジナ登場【千葉県】良型メジナが多数

次ページで最終果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。