【大分沖】船エサ釣り最新釣果情報まとめ メガアジに1kg級アラカブ

大分沖での船釣り(エサ釣り)好釣果情報をまとめてお届けします。巨大アラカブにマダイにイサキも!他にもドラゴンタチウオにギガアジ!数も文句なし!

大分県のリアルタイム天気&風波情

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大分県:べっぷ丸

1月29日、大分県別府市新若草港の、べっぷ丸は大分沖の沖アラカブ釣りに出船。

1kg大型アラカブ

1kgクラスの大型が交じって、カマガリの土産もキープ。船長も「まずまずの好釣果となりました」とコメントしている。

▼この船について
べっぷ丸
エリア:別府エリア
出船港:新若草港

大分県:みくに丸

2月3日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸は大分沖の五目釣りに出船。

マダイにイサキが多数!

マダイや良型イサキが釣れており、ブリやタカバが交じる人もいた。

▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神埼港

大分県:照陽

1月30日、大分県大分・西細港の照陽は大分沖タチウオ釣りに出船。
アタリが出るタナも絞られがちな状況。

難しい中でドラゴンサイズも交じってヒット。

圧巻のドラゴンサイズ!!
▼この釣船について
出船場所:西細港
照陽

大分県:第一・第二ソウヤマル

2隻体制で出船中。

第一ソウヤマル

2月2日、大分沖の遠征大アジ狙いで大分県杵築・納屋港の第一SOYAMARU(第一ソウヤマル・三ヶ尻船長)が出船。

40cmのギガアジ

大型バラシが続く中で40cmオーバーが土産に。船長も「これから徐々によくなっていく」との見込みを話している。また、関アジ、関サバ釣りも出船中だ。

第二ソウヤマル

2月3日、大分県杵築・納屋港の第二SOYAMARU(第二ソウヤマル・黒木船長)は大分沖カワハギ釣りに出船。

1流しめからカワハギがよくアタって、2流しめには2ケタ釣果の人も。

ダブルカワハギで好釣

29cmと28cmをキャッチする人もいて、数釣る人は40~50尾の土産を持ち帰った。

▼この船について
ソウヤマル
エリア:大分沖エリア
出船港:納屋港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年2月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。