大分沖テンヤタチウオ船で指4.5本頭に28尾 船中指7本も登場!

大分沖テンヤタチウオ船で指4.5本頭に28尾 船中指7本も登場!

大分・杵築納屋港のSOYAMARUに連絡すると、すでに指幅7本以上のドラゴンも釣れているそうなので、船の空きを確認して、9月10日に大分沖テンヤタチウオ釣行予約をした。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

SOYAMARUでテンヤタチウオ

大分沖テンヤタチウオ船で指4.5本頭に28尾 船中指7本も登場!当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

当日は、午前4時30分、港に集合で3時50分港に行くと、タチウオ釣りの釣り人が多く集まっている。

4時30分、船長が来たのであいさつをし、クーラーに氷をいれてもらい、釣座抽選の結果、私は左舷船首に決まり、道具を船に積み込み、全ての準備が終わった5時10分、出港した。

釣り場までは1時間40分かかるので、キャビンでゆっくりと過ごす。

エンジンがスローになり釣り場に到着した。外に出ると、多くの船が釣りをしている。私も釣座に行き、テンヤにエサのイワシを付けるなど釣りの準備をして、船長からの合図を待つ。

誘い方は人それぞれ

船長が魚探で魚の反応を確認して釣りダナ140mの指示をだすと、いよいよ私の今シーズン初のタチウオ釣りの開始である。

ミチイトの10mごとにある色分けを確認して、確実に仕掛けを釣りダナまで落としていく。

タチウオのテンヤでの釣り方法もいろいろあり、ジギングの要領でシャクりながら、手巻きで釣る人、電動リールで速く3mほど巻き、少し待ってアタリを取る人、または私のように自動でリールを巻き、時々30cmほどサオをテンヤがハネないように上下させ誘うなどで各自、自分好みの釣り方で釣っている。

仕掛けを10mほど巻いた時、最初のアタリがあり、アワせたがハリ掛かりしない。

指4本級タチウオ顔見せ

3回目のアタリでアワセを入れると、ハリ掛かりした。

無事、今シーズン初のタチウオは指幅4本サイズだ。テンヤを交換して、指示ダナより3mほど巻き上げた時アタリがあり、今度は一発でハリ掛かりし、指幅4本が釣れる。

10尾ほど釣った後、新しいテンヤで試し釣りをする。メーカーの人に詳しく使い方を聞いたものだ。

さっそくアタリがあり、釣り上げると指幅4本半のタチウオだ。

順調に釣果を伸ばす中、10時すぎから二枚潮となり、オマツリが多くなる。船長から「仕掛けを落とす時、必ずサミングして下さい」と声が掛かる。

船中では指7本クラスも

船中で指幅7本クラスが釣れ、私も釣りたいと思いながら仕掛け入れをするがなかなかヒットしてこない。

ただ今年は小型が少なく、指幅4本が中心で釣れている。楽しい時間は過ぎるのが早く、時計を見ると正午を過ぎていた。

大分沖テンヤタチウオ船で指4.5本頭に28尾 船中指7本も登場!良型が上がっている(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

クーラーにはお土産には十分なタチウオが入っており、最後のエサを付け、仕掛けを入れて1尾追加したところで釣りを終わることにした。

当日の最終釣果

釣果は指幅3~4.5本が28尾だった。これから型、数ともに良く釣れ始める大分のタチウオ釣りにみなさん釣行してみては。

初心者の方でもスタッフが優しく指導してくれるから安心して釣行してほしい。

<週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について:Soyamaru
大分沖テンヤタチウオ船で指4.5本頭に28尾 船中指7本も登場!
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。