親子でヘラ釣り対決【埼玉・隼人大池】前日との気温差に苦戦

親子でヘラ釣り対決【埼玉・隼人大池】前日との気温差に苦戦

「釣りで親子ケンカしようや!」と父に誘われて、隼人大池に行きヘラ釣りを敢行した。父の友人の親子も加わり、合計4人で競い合うことになった。目標は父の前日の成果を上回ること。冷たい水温だったため、私は冬の釣り方を選択し、最終的には遅れを取りながらもヘラを釣り上げ、楽しい一日を過ごした。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター・岩浅健太郎)

岩浅健太郎

×閉じる

淡水の釣り ヘラブナ釣り

父&父の友達親子の4人でヘラ釣り対決

駐車場でたまたま父の釣り友達の親子に会い、彼らも親子対決をするということだったので、釣座は新池349に座り右に4人で一緒に並ぶ。

父は、前日新池での釣りが渋かったものの底釣りで16匹釣れたと言っていたので、私は今日の目標を17匹に設定した。

親子でヘラ釣り対決【埼玉・隼人大池】前日との気温差に苦戦4人でヘラ釣り対決(提供:TSURINEWSライター・岩浅健太郎)

タックルセッティングと戦略

ボウルに水を汲んだ時、水温がまだ冷たかったので、池の中はまだ真冬のようだと感じ、冬の釣り方を選択。

竿は月光剛18尺、浮き舟水両ウドン×グルテン底極細ソリッド15番、道糸1号、ハリス0.4、針バラサ4号、60×68センチ、棚上針トントンでトップ3メモリ出しに設定。

餌はイモグル1、グルテン四季1、ワタグル1、水3の両グルで針が隠れる位の小エサ、喧嘩開始は7時、魚を寄せるのではなく廻って来た魚を確実に仕留める釣り方にする。

親子でヘラ釣り対決【埼玉・隼人大池】前日との気温差に苦戦当日の釣り座(提供:TSURINEWSライター・岩浅健太郎)

 

 

父が先行してヘラブナをキャッチ

1時間たっても当たり無し、まぁ真冬の釣りはそんなもんと我慢していると隣の14尺でバラグル底釣りしている父親がまさかのヒット。先を越される(笑)。さすが前日16匹も釣っただけあるなと皆に冷やかされるが、父親はドヤ顔。

その後もエサ打ちを続けなんとか私も遅れる事45分、ようやくヒットしほっとする。隣の親子はというと底釣りをしていて、我慢の釣りをしている。

親子でヘラ釣り対決【埼玉・隼人大池】前日との気温差に苦戦本命のヘラがヒット(提供:TSURINEWSライター・岩浅健太郎)

次のページで対決の結果発表!