秋の岸釣りに【マイクロスプーンが効果的な3つの理由】 使い方も解説 

秋の岸釣りに【マイクロスプーンが効果的な3つの理由】 使い方も解説 

魚の活性が高くなり、ますます釣りが楽しくなる秋シーズン。マイクロスプーンを使うことで、より多くの魚からコンタクトが得られます。しかし、「なんでマイクロスプーンが効果的なの?」「マイクロスプーンの使い方は?」と気になっている方もいるのではないでしょうか。そこで今回の記事では、秋の岸釣りにおすすめのマイクロスプーンについて解説します。秋のライトゲームを満喫したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター・あつ)

アバター画像
あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

マイクロスプーンが効果的な理由

マイクロスプーンが秋の岸釣りで効果を発揮する理由について解説します。まだ試したことがない方は、この機会に確認しておきましょう。

秋の岸釣りに【マイクロスプーンが効果的な3つの理由】 使い方も解説 秋の陸っぱりはマイクロスプーンが効果的(提供:TSURINEWSライター・あつ)

1.  飛距離が出る

マイクロスプーンは、鉄製の板のようなものです。そのため、空気抵抗が少なく、砲弾のように飛んでいきます。岸からは届きにくい遠くの場所も狙えるのです。その結果、深い場所に生息している魚達も釣り上げられます。

2.  多くのバイトが得られる

秋の岸釣りでマイクロスプーンを使えば、多くのバイトが得られます。秋は魚の活性が上がるシーズンで、動きのあるルアーにアタックしやすいです。

また、マイクロスプーンはシルエットが小さいので、小さい魚から大きい魚までバイトしてくれます。魚種やサイズ問わず釣れるので、岸釣りの遊びにピッタリでしょう。

3. 根がかりが比較的少ない

根掛かりが比較的少ないのも、マイクロスプーンのメリットです。フックが一箇所しかついていないため、根掛かりをする可能性が低くなります。

さらにシングルフックを用いれば、根や藻などに引っ掛かる確率も低くなるでしょう。ロストしにくいので、橋脚や海藻周りなど、普段躊躇してしまう場所でも使えますよ。

次のページでマイクロスプーンのタックルを解説