鳥羽沖タイラバ釣行でマダイ船中23匹【丸安丸】好ゲストにシロアマダイ登場

鳥羽沖タイラバ釣行でマダイ船中23匹【丸安丸】好ゲストにシロアマダイ登場

好調だったキスのシーズンが終盤を迎え、三重県鳥羽市小浜の丸安丸が10月からタイラバへ移行するとのこと。早速3日に釣行することにした。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 谷川智)

アバター画像 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

シロアマダイも登場

そしてトモの滝沢さんに待望の大本命?シロアマダイがヒットする。しかもサイズは40cm超えの良型。

この1匹で他の4人の目の色が変わった。だが、次の大本命ヒットもトモの永村さん。結局この2人でシロアマダイ4匹をキャッチ、しかもその全てが良型だった。

鳥羽沖タイラバ釣行でマダイ船中23匹【丸安丸】好ゲストにシロアマダイ登場トモの滝沢さんにシロアマダイ(提供:週刊つりニュース中部版 谷川智)

ワラサもヒット

だがこの日災難だったのはミヨシの加藤さん。サバフグにネクタイ11個も丸裸にされてしまい、タングステンシンカーまで持っていかれる始末。だが最後にその加藤さんにビッグヒット。一気にラインを引き出していくパワーに、青物を確信する。

「カンパチなら逆転満塁ホームランですね」と言いながら浮かせたのは、残念ながらイエローテール。それでもグッドコンディションのワラサで、この日の釣行を締めくくることとなった。

鳥羽沖タイラバ釣行でマダイ船中23匹【丸安丸】好ゲストにシロアマダイ登場トリを飾ったのは加藤さんのワラサ(提供:週刊つりニュース中部版 谷川智)

最終釣果

今回はとにかく終始誰かにアタリがあり、退屈のしない釣行だった。マダイは船中23匹、他シオ、ガンゾウビラメ、アオハタ、キジハタ、ワラサ、イトヨリ、オオモンハタ、トラフグ、サバフグ、そしてシロアマダイと非常ににぎやかな釣果となった。

丸安丸のタイラバが来年4月いっぱいまで続くが、大型マダイが狙えるのは12月以降。もちろん大本命のシロアマダイも高確率だ。朝晩めっきり冷え込むが、体感温度を調節できる服装で釣行していただきたい。

鳥羽沖タイラバ釣行でマダイ船中23匹【丸安丸】好ゲストにシロアマダイ登場速い潮でもまれた鳥羽沖のマダイは美形ぞろい(提供:週刊つりニュース中部版 谷川智)

<週刊つりニュース中部版 谷川智/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
丸安丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2023年月日号に掲載された記事を再編集したものになります。