船宿めぐり:ひろし丸【静岡県・富戸港】

今年2月、仕立専門の静岡富戸ひろし丸で、愛知県のルアーマンがジギングで30kgオーバーのアブラボウズを多数仕留めた。今回は、このひろし丸を紹介しよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 インタビュー

釣り人から船長へ

「釣れなくてもいいからやってみたい」という釣り人の熱意に日吉博船長

キンメやベニアコウなどのポイントを知り尽くし、「釣り場の目星はついていた」というが「正直、PE1.5号で上がるとは思っていなかった」と、30kg超えアブラボウズをキャッチしたルアーマンを賞賛。

そんなこともあるかと思えば、「観賞魚を釣りたい」と、魚にダメージを与えないようにゆっくりと巻き上げてきれいな魚を釣る人もいたとのこと。

船長は車掌経験もある元サラリーマン。早期退職を機に漁師兼釣り船を開始。

大の釣り好きで、釣り人の気持ちはよく分かってくれる。

まずは相談を

「釣れなくてもいいからと言ってくれると助かるよ」と話すが、だからこそ熱意に応えようという気持ちも人一倍。

「こんな魚を釣ってみたい」「ルアーで狙ったら面白そう」…。

乗合ではできないが、仕立ならそんな相談もOKだ。

ぜひ、同船で試してみては?

<週刊つりニュース関東版 大高/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
ひろし丸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年11月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。