人気上昇中エビラバ!&ゲーム性高いテンヤ釣り!【福岡県・南星丸】

10月半ば、大潮。北九州市門司区・大里港の南星丸にて関門海峡に釣行。今回は同エリアでブームとなっているエビラバとテンヤを駆使して、どんな魚が釣れるか調査する。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まずはエビラバから

午前7時に出港して、15分ほどで門司埼沖の釣り場に到着した。

水深は15~20mほどで、底質は砂地。最初の仕掛けはエビラバを使用する。

タイラバ用のサオに小型両軸リールを装備し、自作のタイラバを付ける。

タイラバは45~95gを用意し、水深や潮流によって使い分ける。

関門海峡の水深は深くても35mほどだが、潮流は最大で10ノット(時速約18km)を超えることもあり、船長に水深や潮の状況を教えてもらいながら65gを選んだ。

エサは冷凍エビを用意。

エビの付け方は、大きめのエビは短いハリを尾から刺し、長いハリは頭に刺してエビが真っすぐになるようにする。小さいエビはハリに1匹ずつ尾から刺す。

エビラバの釣り方

釣り方は、仕掛けを投入して、着底したらすぐにリールを3~5m巻いてから、また底まで落とす。

アタリがあっても、魚が完全に食い込むまではアワセを入れない。基本的なタイラバの誘い方・アワセ方と同じだ。

開始早々にヒット。最初に掛かったのはマゴチだ。船長の話によると、底質が砂地なのでヒラメも狙えるとのことだ。

次ページはでテンヤ釣り