サーフで2日連続ヒラメ!フラットフィッシュゲーム【静岡県・遠州灘】

サーフゲームのみならず釣りを楽しむうえで絶好の秋を迎えて、休日ともなれば多くのアングラーが釣りを楽しむ時期を迎えた。海況が安定せず釣果が聞かれない遠州灘も、いよいよヒラメや青物が釣れるだろうと期待。10月半ば2日連続で遠州灘サーフジギング&フラットフィッシュゲーム釣行を計画した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

台風の影響はいかに?

繰り返し訪れる台風の影響で、海岸線だけでなく各地域で被害があったと聞いていただけに、どんな状況か心配していたのだが、住宅街の被害はすでに復旧していた。

だが海岸線にエントリーする道路には、こんな所にまで波の影響があったのかと驚くほどのゴミがたまっている状況だ。

1日目は無反応スタート

タックル図

初日の午前6時に静岡県掛川市の菊川右岸サーフで釣りを開始

全く釣果情報もなく地形を確認したわけでもないため、運が良ければ釣れると考えていたのだが、ルアーを交換しても歩きながら広範囲を探っても無反応という状況。

周囲のアングラーも全く釣果に恵まれていなかった。

魚影が少ないのだろうと早々にエリアに見切りをつけて、午後1時に迎える干潮に向けて各エリアの地形と水色を確認するため、遠州灘東部エリア全域を確認することにした。

状況を観察することが重要!

毎日同じポイントに行くならポイント選定に苦労しないが、私のように遠方からサーフゲームを楽しむアングラーは、ポイント選定に悩んでいると思う。

朝マヅメは前日までの状況を知るアングラーと、運のいいアングラーが釣果に恵まれると思うが、一日を通して1匹を求めるならその日の状況でポイントを探すことが大事。

この日も潮が下がるタイミングに弁財天川河口左岸エリアで、ベイトフィッシュとヒラメがジャンプする姿を確認した。

チャンスありと干潮前1時間の正午にビーチウォーカーウェッジをキャストしてみると、わずか数投で反応を得た。

好きなルアーで釣るのも楽しみ

50cmオーバーのヒラメ

ウェッジをキャストした理由は、ヒラメのジャンプがワームやミノーでは届かない沖だったことと、サイズによるアピール力、そして単純にウェッジで釣りたかったという理由だった。

この釣りたいルアーをキャストするというのもルアーフィッシングの魅力だと感じている。

ウェッジをはるか沖にキャストし、ボトムまで沈めたらスローリトリーブしながらのストップという単純な釣りで、シーズン開幕には出来過ぎの50cmオーバーをキャッチした。

時折ヒラメがジャンプする絶好の状況だったが、午後2時には10m以上ある東風が吹き荒れる状況となり、この日はヒラメキャッチの美酒に酔いしれて翌日の朝に備えることにした。

次ページで2日目スタート!