サーフジギング釣行:廣瀬麻伊が挑戦!【神奈川県・大磯&国府津海岸】

砂浜で遊びたくなる夏。水着を着て海水浴もいいけど、釣りを楽しんでみるのはいかが。7月中旬、神奈川の大磯と国府津でショアジギングに初めて挑戦したアングラーズアイドルの廣瀬麻伊さんの様子を取材した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

当日はあいにくの海況

神奈川の砂浜では、投げキスが盛んだ。回遊魚を狙ったサーフショアジギングも人気で、アングラーズアイドルの廣瀬麻伊さんが初挑戦した。

石井さんに釣り方を教わりショアジギング初挑戦!

7月中旬、日の出前からアングラーズリパブリックの石井修二さんとシップスマストの星智子さん、本田真梨子さんが西湘エリアの大磯海岸でジグを投げていた。

この日は西にある大きな台風の影響でウネリが高く、ナブラが見当たらない。7時半ごろ岩場の辺りに小さいがナブラを確認したが、この時間は海水を飲みに来たアオバトをバードウォッチしている人が多く断念。

国府津海岸へ移動

電車を利用した廣瀬さんと8時半に合流し、国府津海岸へと向かう。西湘バイパス国府津ICからJR国府津駅へ向かう途中には、多くのコインパーキングがあり、電車釣行も海岸まで徒歩圏内と好立地。

海岸へのスロープを下りて浜に入る。釣り人の姿はポツポツ。ルアーを投げている人の割合が多い。

西湘バイパス下は日陰になっていて、荷物を置いたり、休憩するときに暑さをしのげる。

何度もチャレンジする廣瀬さん

次ページで実釣開始!