夜焚きイカ釣行:ベイトのタナ見極め数釣り満喫!【福岡県・門司港】

7月8日、北九州市門司区・門司港の、かつ丸の川峯船長に夜焚きイカ釣りの予約を入れると、まだ空いていたのでお願いをした。ベイトが浮いてきてからは多点掛け連発の楽しい釣りとなった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

当日の状況

天気は5日より悪くなって、当日も夕方には雨模様となっていたが、海はウネリが2.5mから1.5mに落ちるとのこと。

出港時間は午後6時で私は佐田さんを迎えに行って港へ向かうと、道路が渋滞しており、港には出港10分前に着いた。船長も渋滞に巻き込まれてギリギリに着き、釣具を積み込むとすぐに出港、目的の釣り場に向かって走りだした。

当日のメンバーは、戸畑区の佐田剛さん、門司区の左右田文弘さん、辻本洋海さん、川畑さん。

初めは海底付近から

ポイントに着くと予報通りウネリがあり、船が揺れる。

7時すぎ、周りも薄暗くなってきて、魚探でベイトを見つけるとすぐにシーアンカーを入れた。ライトを点灯すると釣り開始になる。

タックル図

今回も私は最初にイカメタルゲームでスタート。

ライトの明かりがまだ十分に届かずベイトも集まってないため、イカも海底にしかいない。

海底から10m上までを誘っていると、サオ先がほんの少し曲がったのでアワせると、イカの30cm級が乗った。引きも良く病みつきになりそうだ。

2時間近く経ったが、イカは海底から浮いてこない。その理由は、やはりベイトがまだ集まってないためだ。

しかし、時間が経つとベイトも集まりだして、ようやくイカも活気づいてきた。

イカ釣りはベイトが集まってきたら本番。

次ページでイカの習性と最終釣果発表!