公園と河川の「ノベザオコイ釣り」ダブルヘッダーで快釣 両場所で80cmオーバーをキャッチ

公園と河川の「ノベザオコイ釣り」ダブルヘッダーで快釣 両場所で80cmオーバーをキャッチ

4月18日(火)、東京都北区、東京都板橋区に位置する浮間公園と埼玉県入間市を流れる霞川でノベザオコイ釣りチャレンジにでかけた。公園と河川という相反するふたつの釣場で80cmオーバー2尾ゲットとなった釣行をレポートしよう。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り コイ釣り

浮間公園でコイ釣り

同地は浮間ケ池を中心とした都立公園となっていて、遊具スペース、テニスコート、野球場、ゲートボール、バードサンクチュアリなどの施設や風車があり、老若男女問わずファミリー中心に人気の公園だ。

釣りとしてはヘラブナ釣りをメインにコイ釣りや小物釣りが対象でリール竿の使用、投げ釣り、ルアー釣りが禁止されている。なので、同地で釣りを楽しむために使用するタックルとしてはノベザオエサ釣り限定仕様のタックルとなる。

公園と河川の「ノベザオコイ釣り」ダブルヘッダーで快釣 両場所で80cmオーバーをキャッチ浮間公園(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

公園は常時開園しており駐車場も35台駐車可能であるが、電車でアクセスが便利。浮間舟渡駅の目の前と、非常に楽である。駅前にはコンビニや飲食店もあり、利便性が高く公園内も綺麗に管理されているので安心だ。近年公園敷地内にコメダ珈琲店もオープンし、浮間舟渡駅周辺にも飲食店が立ち並び利便性も高く様々な用途で利用できる公園である。

タックル 

両釣場のルールに従いタックルはノベザオ使用が必須となる。

公園と河川の「ノベザオコイ釣り」ダブルヘッダーで快釣 両場所で80cmオーバーをキャッチコイ釣りのタックル(作図:TSURINEWSライターなおぱぱ)

筆者は、やすらぎ3.6mと三代目剛3.6m(いずれもグラス製ノベザオ)にミチイト8号(カーボナイロン)を竿いっぱいに結んで大型玉ウキを使い、ゴム管固定の上でミチイト直結で鯉針16号。エサはマルキューいもグルテンを使い、大物コイ釣り万全の体制で挑む。

公園と河川の「ノベザオコイ釣り」ダブルヘッダーで快釣 両場所で80cmオーバーをキャッチコイ釣りのタックル&仕掛け(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

まずは浮間公園で大物に期待

わりとゆったりめな朝10時すぎに現地到着して公園全体を確認していく。前回訪れた時は接岸しているコイを確認して狙いを定めたが、今回はそうはいかないようだ。

ヘラ師も多く空いている場所が風車付近しかないので、エサを打っていき寄せて狙うことにした。同地は平均サイズが高いので、くれば大物は期待できるはずだ。

81cmコイ浮上に満足

開始15分後、釣座はヘラ師にも挟まれているせいかコイもポイント付近に数尾確認できた。野釣りグルテンダントツでエサを作り投げると、パクついている。チャンスは即モノにしたいところで、すぐさま大きめのコイの目の前に静かにおとして気配を断つ。

公園と河川の「ノベザオコイ釣り」ダブルヘッダーで快釣 両場所で80cmオーバーをキャッチコイ釣りでサオを曲げる(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

すると豪快にウキが入りアワセが決まると凄まじい重量感だ。メタボな大物が掛かり私もデカイ!と声が出てしまうが、案外やりとりは容易く御用となった。

釣れたコイを計測すると81cm。重量級の大物だったこともありすでに満足してしまう。正直言うと夕方まで粘るつもりできたのだが、釣り師も多いうえにまだ時間も早いので、浮間公園はまた季節がすすんでからのお楽しみにしておこうと、思いきって安定感ある霞川へと移動することにした。

▼この釣り場について
浮間公園

霞川移動後も80cm超え大型コイ浮上!