これがイカマダイ釣り!釣ったイカでタイを釣る!?【京都府・梅垣丸】

10月3日、台風の合間を縫って、いつもお世話になる京都府京丹後市丹後町・間人港の梅垣丸へ行ってきた。当日の予定は明るい内は完全フカセでマダイ狙い、日が暮れたらイカメタル、さらに釣れたイカでマダイ狙いというリレーだ。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

メインはイカマダイ(イカダイ)

午後2時出船の半夜釣りで、日が暮れるまでは完全フカセ釣り、それ以降はイカ釣りをするプランだが、今回のメインは釣ったイカでマダイを釣る「イカマダイ(イカダイ)」だ。

完全フカセのタックル

この日のタックル

まずは完全フカセ釣りから。

サオはがま船真鯛スペシャルLV・H3.75で、ボナンザを施して滑りを良くしておく。

電動リールにミチイトは完全ふかせ6号300m+5号の下巻き50m。完全ふかせは、しなやかでスプールへの収まりが良く、ガイドもストレスなく通ってくれる最適なラインだと思う。

さらにボナンザのハイテクLコートを施してある。

仕掛けは自分で作成した。

ラインは船ハリス7号と8号、ハリは真鯛王ケイムラパール12号の3本バリで全長14m。

青物が複数掛かった場合、魚同士が引っ張り合って切れる可能性があるので、スピンリングを使い、リングの上下をそれぞれナイロン糸で編み込みをし、編み込み部にはボナンザのノットガードをスプレーした。

完全フカセは不発に

当日の状況は、北東の風で、ナギが悪く、潮は東へ緩く流れる本潮。潮と風が反対というフカセ釣りには非常に厳しい状況だった。

第1投、まずは何もしないでストレートに流してみる。これは潮の状況や当たりダナの目安を探るため。リールカウンター60mで底潮に入る感じのようだ。

次いで60mからジワジワ仕掛けを入れていく。70mでリールがクルクルっと回転、指でスプールを押さえるとサオ先にコツコツとアタリがあり、30cmのマダイが上がった。もう1匹同じサイズのマダイを追加したが、その後は時間だけが流れ、メインのイカマダイ釣りに移行した。

エサのイカ釣り

まずは桜幻・鯛ラバーを使ってイカメタルのイカ釣りから。

サゴシの活性が高かったが、ワイヤーで仕掛けを作ったので切られることはなかった。ただしスッテはボロボロに・・。

午後8時、イカを8匹キープしたので、いよいよイカマダイを始める。

次ページでいよいよ本番イカマダイ!