編集部チャレンジ!沖釣り手練が初の手こぎボートへ【神奈川県・真鶴】

手漕ぎボートに夢中の編集部スタッフに誘われて、2018年10月30日(日)神奈川真鶴にあるボート店へ。沖釣りの経験はそれなりだが、手漕ぎボートは初挑戦。「ポイントが分からないのに、ちゃんと釣れるだろうか」とか「波風にあおられて危険はないだろうか」など不安はつきないが、同時に、はじめての釣りにワクワクしながら現地に向かった。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

真鶴沖概要と狙い

真鶴沖は、陸から離れてすぐ急激に深くなっており、20分ほどボートを漕げば水深80mに達するポイントも。磯もあれば砂地もあり、多種の魚を狙えるのが魅力。

青物やマダイ、ハタなどが有望だが、当日のメインターゲットはアマダイ。

鮮魚店でもなかなかお目にかかれない高級魚だが、ここでは安定した釣果がでているとのことで期待が高まる。

タックル・仕掛け

タックル図

潮が速く、水深があるためオモリは50~100号を用意したい。竿は一般的なゲームロッドでいいが、リールは水深があるため小型電動リールがお勧め。仕掛けは天秤に40~60号のオモリをつけ、市販の2本針アマダイ仕掛け(2m)をセット。エサには生イキくん2Lを使用した。

エサ

当日の様子

午前4時半という、まだ暗い時間に集合。

すでに駐車場は8割埋まっていた。とても賑わっている。そのためか、2艇借りる予定が2人で1艇に変更。1人で乗るのもいいが、仲間とともに乗るのも楽しいし、なんらかのトラブルが起こった時に心強い。正直なところ、初の海での手こぎボートで1人1艇はかなり不安だったので、ホッとした。天候は快晴で、風も波もなく、絶好の釣り日和だ。

いざ出艇するも?

魚群探知機

パラシュートアンカーを借りて、いざ出艇。

漕ぎ手を任命されたが、なかなか勝手がつかめない。コツを聞くと「慣れ」と、なんともスパルタな答えが・・。自分なりに工夫するも、なかなか移動距離が伸びない。

ヘルプの意味を込めた視線をスタッフに送ると、彼は買ったばかりのポータブル魚群探知機をなんとも楽しそうにセット中。こちらにはお構いなしだ。

やはり「慣れろ」ということだろうか。引き続き懸命にボートを漕ぐとアッという間に手にマメができて、皮が剥けてしまった。見るに見かねてか、魚群探知機の設置が終わったからかは分からないが、その後漕ぎ手を代わってもらえた。


1人だったら痛みに耐えるつらい釣行になってしまっただろう。手袋を用意して挑んだほうが無難だ。

次ページでいよいよ実釣開始