春の海釣りには『スプーン』ルアーが有効【メリットと釣り方を紹介】

春の海釣りには『スプーン』ルアーが有効【メリットと釣り方を紹介】

さまざまな魚が釣れ、老若男女で楽しめる海釣り。春になると水温が上がり、徐々に魚が動き出します。そこで、有効なのが「スプーン」というルアーです。魚種を問わず、さまざまな魚を釣り上げることができます。今回の記事では、春の海釣りで使いたいスプーンについて紹介します。好釣果を得たい方は、ぜひ参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

目次

春の海釣りにスプーンを使おう

春の海釣りには、スプーンが効果的です。スプーンはコンパクトサイズのルアーですが、まだ活性が上がりきっていない魚たちもアタックしてくれます。

さらに、ただ巻きで使えるため、海釣り初心者の方にもオススメです。簡単に使えて、魚が釣れるスプーンを海釣りで使ってみましょう。

海釣りでスプーン利用のメリット

スプーンの魅力について詳しく紹介します。以下の内容に目を通して、スプーンを使うメリットを確認してみてください。

春の海釣りには『スプーン』ルアーが有効【メリットと釣り方を紹介】スプーンは小型から大型の魚まで幅広い魚種が狙える(提供:TSURINEWSライターあつ)

飛距離が出る

スプーンは、コンパクトサイズのためよく飛びます。また、鉄や鉛は風の影響を受けにくいので、追い風の状況でも飛ばしやすいです。

しかし、スプーンの形状や重量によっては、飛距離やキャストの精度が変わってきます。遠くに飛ばしたいときは、比較的重たいスプーンを選択してみてください。

ただ巻きで使える

スプーンは、ただ巻きでも使えるルアーです。

一定速度で巻くだけで、ヒラヒラと泳ぐアクションを演出してくれます。このヒラヒラとしたアクションが魚の興味を惹き、たまらずバイトしてしまうのです。

巻くだけで釣れるので、釣り初心者の方にピッタリなルアーといえるでしょう。

コンパクトで魚が食いつきやすい

スプーンは、コンパクトな形状なので魚が食いつきやすいです。

ひと口で頬張れるサイズに、魚が反応しやすくなっています。ですので、小型の魚から大型の魚まで幅広い魚種を狙うことができます。

サイズ狙いではなく、数を釣りたい方にオススメのルアーですね。

海釣りでのスプーンの使い方

海釣りでのスプーンの使い方について詳しく紹介します。以下の手順を参考にして、春の海でスプーンを使った釣りを楽しみましょう。

春の海釣りには『スプーン』ルアーが有効【メリットと釣り方を紹介】アタリがあったら即フッキング!(提供:TSURINEWSライターあつ)

キャストをする

最初にスプーンをキャストします。

この際にただ闇雲に投げるのではなく、探る場所を決めておくとよいです。ストラクチャーやカケアガリなど、変化がある場所にキャストしてください。

そして、ラインをフリーにしてスプーンを着底させます。

ただ巻きやアクションでアピール

スプーンが着底したら、アクションを加えていきます。

最初は、定番のただ巻きからはじめてみるとよいです。巻きスピードを速くしたり、探る場所を変えたりして狙いましょう。

もし、ただ巻きで反応がない場合には、アクションを加えてみるのもオススメです。「チョンッチョンッ」と動かすことで、周囲の魚にアピールできます。

アタリがあったら即フッキング

スプーンで海釣りをする際は、アタリがあったらすぐにフッキングすることが重要です。

なぜなら、スプーンは鉄や鉛で作られているので、魚が違和感を持ち口から離してしまいます。ですので、アタリがあったら即合わせが基本です。

違和感を持ったら竿を立てて、すぐにフッキングするとよいでしょう。

海釣りでスプーンを使ってみよう

春の海釣りで威力を発揮するスプーン。飛距離が出るだけでなく、コンパクトサイズなので魚が食いつきやすいです。そして、スプーンはむずかしいアクションを必要としません。だれでも同じように使えて、魚を釣り上げることができます。

今回紹介した内容を参考に、春の海釣りでスプーンを使ってみてはいかがでしょうか。

<あつ/TSURINEWSライター>