釣魚で作る「新感覚」レシピ:クロの朦朧煮 煮つけにニンニクは合う?

釣魚で作る「新感覚」レシピ:クロの朦朧煮 煮つけにニンニクは合う?

今が旬のクロ(メジナ)。生食はもちろん、いろいろな料理が味わえる人気魚だ。今回は「クロの朦朧(もうろう)煮」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

Avatar photo
松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

クロ(メジナ)の朦朧煮

クロはいろいろな料理で味わえるが、ここでは新感覚の「クロの朦朧(もうろう)煮」の作り方を紹介する。

釣魚で作る「新感覚」レシピ:クロの朦朧煮 煮つけにニンニクは合う?クロの朦朧煮(提供:TSURINEWSライター松田正記)

朦朧煮とは

朦朧煮とは調理の工程から名付けられた日本料理。

諸説あるが、魚を煮付けにするとき、沸騰したタレが霧状になる。鍋をのぞき込むと、「霧の中になにかがいる」、「朦朧とした感じを覚える」。これが名前の由来だという。

クロ(メジナ)の朦朧煮のレシピ

まずは下処理から。持ち帰ったクロは頭とワタをとり、ウロコを剥ぐ。

一般的にはウロコを剥いで頭を落としていくが、頭を取ってからのほうが魚を掴みやすいうえ、滑りにくくなる。

サク取り

つぎに3枚におろし、サクにしていく。

サクにするとき、皮目に包丁が入りにくい場合は身からでもOK。

食べやすい大きさにカット

サク取り後は食べやすい大きさにカットする。これも皮目を切りにくいときは身側から。

釣魚で作る「新感覚」レシピ:クロの朦朧煮 煮つけにニンニクは合う?食べやすい大きさにカット(提供:TSURINEWSライター松田正記)

油で揚げる

カットしたら、片栗粉をまぶし、油で揚げる。180℃くらいでカラッと揚げるのがコツだ。

釣魚で作る「新感覚」レシピ:クロの朦朧煮 煮つけにニンニクは合う?片栗粉をまぶして油で揚げる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

タレと絡める

ここからは最後の工程。揚げた魚を鍋に移し、タレと絡める。

割り下はつぎのとおり。濃い口しょう油1、みりん1、砂糖0.5、おろしたショウガとニンニクを少々。これを火にかける。

弱火でコトコト

火にかけたあと、沸騰したら弱火でコトコト。タレに少しとろみが付いたらできあがり。

ニンニクを少し入れることで、タレが霧状になりやすくなるうえ、一般的な煮付けよりもマイルドに仕上がる。

釣魚で作る「新感覚」レシピ:クロの朦朧煮 煮つけにニンニクは合う?タレが霧状になる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

<松田正記/TSURINEWSライター>