堤防での電気ウキ仕掛けエサ釣りで20cm級メバルが入れ食い【熊本】

堤防での電気ウキ仕掛けエサ釣りで20cm級メバルが入れ食い【熊本】

大田尾漁港(熊本県宇城市)のメバルが好機を迎えた。堤防からのナイターで手軽に狙えることもあり、待ちわびたファンも多い。1月12日に釣行した際は、アラカブ交じりで好釣果に恵まれた。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

Avatar photo
松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

釣期など

大田尾漁港のメバルは冬から春がシーズン。アオ虫やビワコエビをエサにした電気ウキ仕掛けで狙う。型は15~20cmあり、時折25cm前後の大型が交じる。好調時には短時間で2桁釣れるところが嬉しい。

堤防での電気ウキ仕掛けエサ釣りで20cm級メバルが入れ食い【熊本】大田尾漁港周辺図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

タナは1ヒロ

現着は午前1時ごろ。まずは三角西港をのぞいてみた。同港は前日に釣行した時、まずまずの釣果だったため、期待が持てる。しかし、実績の高いポイントには先客がずらり。ここを諦め、すぐ近くの大田尾漁港に移動した。

同港は釣り人が少なく、すぐに準備に。ウキは遠近自在に探れるLFスマート、ハリは虫エサが弱りにくい細身のチンタメバルを選択。アオ虫をハリに刺してタナを1ヒロとり、15mほど先に投入した。

堤防での電気ウキ仕掛けエサ釣りで20cm級メバルが入れ食い【熊本】当日のタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

1投目から魚信

間もなくウキが横走りする魚信。アワセを入れると確かな手応えがあり、グイグイ引く。小気味よい引きを味わいながら、そっと抜き上げたのは20cmを超す本命だった。

作戦が的中

連発を期待したが、あとが続かない。そこでエサをビワコエビに変更。なるべく大きめをハリに刺し、リールをゆっくり巻きながら、誘いを入れてみた。この作戦が的中したのか、15~20cm級のメバルが連発。小型をリリースし、20cm級だけをクーラーに収めていった。

堤防での電気ウキ仕掛けエサ釣りで20cm級メバルが入れ食い【熊本】エサのビワコエビ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次のページで最終釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。