遠州灘サーフゲーム釣行でヒラメにシーバスキャッチ【静岡】 ハイシーズン到来

遠州灘サーフゲーム釣行でヒラメにシーバスキャッチ【静岡】 ハイシーズン到来

遠州灘サーフゲームがハイシーズンを迎えた1月中旬に、静岡県掛川市の弁財天川左岸のサーフへ釣行してきた。当日は、見渡す限りアングラーの姿を見ない貸し切りのサーフで存分にサーフゲームを楽しむことができた。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高木 孝)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

遠州灘でサーフゲーム釣行

遠州灘サーフゲームがハイシーズンを迎えて、休日のたびに釣行計画を立てている。静岡県・御前崎から愛知県・伊良湖岬まで続く遠州灘は、エリアによって特徴が異なるため、天候や海況、釣果情報でどのエリアに釣行するかを決めている。今シーズンはこの季節の気圧配置と同じで、西高東低の釣果が続いているため、愛知県方面への釣行が続いていた。

例年なら御前崎方面の12月上旬は、大型ヒラメにブリなどの釣果が聞かれる時期ということで、1月中旬は久しぶりに静岡県掛川市の弁財天川左岸のサーフに向かった。

当日のタックル

ポイントに到着したのは午前6時。平日でも多くのアングラーが並び、ポイントを選べないことを懸念していたが、驚いたことに一番乗り。はるか彼方にアングラーの姿が確認できるが、貸し切り状態だった。

釣果情報が多い愛知県田原市エリアなら、午前5時には満員御礼で隣のアングラーを気にしながらの釣りになるのだが、久しぶりに開放感あるサーフで午前6時30分にキャストを開始した。

遠州灘サーフゲーム釣行でヒラメにシーバスキャッチ【静岡】 ハイシーズン到来当日のタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・高木 孝)

波打ち際で40cmヒラメキャッチ

開始直後に一緒に釣りをしようと約束していた鈴木さんが到着。朝のあいさつをして、沖へと流れる離岸流へタイドミノースリム140フライヤーをキャストすると、開始早々に波打ち際で反応を得た。

ミノーを足元までしっかりミノーを泳がせることを意識していたため、フッキングはバッチリ決まった。距離が近かったため引きを楽しめなかったが、幸先良く40cmのヒラメをキャッチして笑顔で写真撮影となった。

遠州灘サーフゲーム釣行でヒラメにシーバスキャッチ【静岡】 ハイシーズン到来近距離で食わせた40cmほどのヒラメ(提供:週刊つりニュース中部版APC・高木 孝)

サラシの中から60cmシーバス登場

掛川市のサーフは、水深が浅く地形変化に富んでいることが特徴で、波の立ち方や海岸線の地形変化などの見た目の変化でポイントを絞り込める。

個人的には、このエリアのように狙うポイントが分かりやすいエリアが好きなため、見た目による変化を狙いながら探り歩いていると、沖の瀬で波が崩れ泡立ちサラシが広がるポイントが目についた。

波が立ち上がるタイミングでミノーが着水すると波にもまれて泳がせることができないため、波が崩れるタイミングを待ってミノーをキャストしてサラシの中を泳がせてみると、狙い通りアタリが出た。ヒット直後にジャンプするシーバスの姿が確認できたため、少しドラグを緩めて急な引きに備えながら、シーバスらしい荒々しい引きを楽しむ。ランディングしたのは、60cmの銀ピカシーバスだった。

遠州灘サーフゲーム釣行でヒラメにシーバスキャッチ【静岡】 ハイシーズン到来サラシの中でヒットしたシーバス(提供:週刊つりニュース中部版APC・高木 孝)

次のページで同行の釣友も40cmヒラメ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。