釣りと視力は深い関係にあり 目が疲れていると魚が釣れない?

釣りと視力は深い関係にあり 目が疲れていると魚が釣れない?

サイトフィッシングはもちろん、キャストの精度を上げるにも視力は必要だし、ヘラブナ釣りだってウキのメモリを見てアワセをキメる。さらに言えば、暗い夜釣りでは安全面から見てもとても重要。釣りは視力と無関係ではないということで、釣りと視力の関係について少し掘り下げて書いてみたいと思う。皆さんの"眼"で、新しい発見をしてほしい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

Avatar photo
宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

海釣り 堤防釣り

釣りには視力が必要

当然ながら、釣りにおいて視力は必要不可欠。ルアーフィッシングでもキャストは目で見て投げるし、これが狂えば安心なキャストもできない。橋の上に人がいるのに、キャストが狂えば大事故だ。見えなかったでは済まされない。これは非常に重要なことだと思う。

夜釣りでもそうだ。目から入って来る情報は釣果を左右する。イトがどちらに流れているか?ウキの位置はどこか?など、細かい情報は全て目が頼りだ。

釣りと視力は深い関係にあり 目が疲れていると魚が釣れない?生活道路のある橋ではミスキャストはNG(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

安全確認にも

また、安全面においても言えることだが、足元はヘッドライトがあっても死角になりやすい。テトラポッドのすき間、切り株、犬のフン……どれも見えないと落ちたり、つまずいたリ、叫んだりとダメージを負うものばかりだ。ケガをすれば笑いごとでは済まない。ヘッドライトに頼らず、裸眼の安全確認も時には必要なのだと思う。

釣りと視力は深い関係にあり 目が疲れていると魚が釣れない?視力の差が危険回避のカギとなることも(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

釣りは目にいい趣味?

幸い釣りは目にいい趣味と言える。まぁ、野外でする趣味は全てに言えることたが、特に釣りはおすすめだ。スマホやゲームなどの画面を長時間ずっと見続けることはやがて視力低下に繋がると言われているが、その点釣りは安心だ。

シーバス釣りを例にすると、周囲の状況変化に目をよく動かすし、遠くの景色や夜景などもくまなく見る。ルアーを流せばその位置を目で追い続けるし、イトをメンディングする時も同じだ。フライフィッシングも小さなフライを目で追い続けるだろう。つまり、”見よう”とするトレーニングを自然としている感じだ。釣りこそ健康的で、目にいい趣味なのは間違いないだろう。

釣りと視力は深い関係にあり 目が疲れていると魚が釣れない?釣り場風景(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

次のページで目が疲れていると釣果が下がる?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。