真冬の日本海船釣りでの【防寒対策失敗談3選】 オフショアジギング愛好家が体験

真冬の日本海船釣りでの【防寒対策失敗談3選】 オフショアジギング愛好家が体験

冬の日本海ジギング!寒い中でも旨い魚を求めて釣りに繰り出しますが、今まで私が体験、試した中でこれはダメだったという後悔装備をご紹介したいと思います。この冬出掛けられる際の装備の参考、また快適な釣行のお役に立てれば幸いと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター加藤隆太)

加藤隆太

×閉じる

ソルトルアー オフショア

夏用のレインコートを持って行く

一つ目は結構初歩的なミスと言えますが、1月の釣行の際インナーにはヒートテックを着用し上にも暖かい素材の服を着込みました。荷物を積み込んでいる時も動きやすく寒さも感じなかったため、雨、飛沫対策で夏用のレインコートを予備としてケースにしまい出船しました。初めのポイント到着から釣り開始~移動をしますが快適な状態で寒さも感じませんでした。アタリの数も少なかったため沖合いに長距離の移動をすることになりました。

長時間移動で体冷える

走りはじめてすぐ波飛沫、風が当たるため寒さを感じレインコートを着ましたが、徐々に体が冷えていきます。移動中風にあたり寒さを感じるものの夏用レインコートしかありません……。

40分程度の移動で体が冷えていき、また波もあったため寒気に後押しされるように気持ち悪くなり、船酔い寸前になってしまいました。

ポイントに着き釣りを開始しますが、正直気持ち悪くて釣りどころではありません。寒さも合間ってキャビンの奥で休憩させてもらうこととなりました。2~3流し休憩後とりあえず起き上がりジギング再開し、休憩しつつ最後まで釣行し最終的にはいい釣果となりましたが、大変疲れた釣行になりました。

真冬の日本海船釣りでの【防寒対策失敗談3選】 オフショアジギング愛好家が体験寒い冬の日本海(提供:TSURINEWSライター加藤隆太)

着込みすぎ、予備を持ち込み過ぎ

以前の失敗から暑くなれば脱げばいいとの考えで、まずはしっかりと着ていく。追加でタックルボックスの中に予備を詰め込んで行くことにしました。内容としては インナー2枚、トレーナー1枚、ウインタージャンパー+レインコートを着ていき、予備インナー、カッパをタックルボックスに入れて行くことにしました。準備している段階ではジグやその他の道具と同じくきれいに詰め込んで出発しました。

道具が出しづらい

結果ケースには収まっているのですが下の道具が出しにくい状態です。いざ釣行に行くと道具を出すためにかなりの荷物を出さねばならずそれを納めるのですが、船の上では綺麗に入らなくなるものです。結果外に出したままになったり無理矢理押し込んでしまい出し入れが難しくなります。

動きづらい

また移動中は動かないため温かく快適な状態ですが、いざ釣り開始すると重ね着の影響で動きが制限されてしまいます。そしてライフジャケットも着用しているので窮屈に感じてしまいます。窮屈には感じますがそのまま釣りを続行するわけですが、ジギングは常に動き続けます。やはり暑くなります。その為インナーを脱ごうと思いますが重ね着をしているため脱ぐもの時間が掛かりますし、億劫になってしまいます。

汗が冷える

結果的に暑いまま脱がずにジギング続行すると冬でも汗ばんできます。ジギングは定期的に移動しながらの釣りになりますので、移動時間になると冷たい空気にあたりいくら防寒着を着ていても一気に冷えます。そしてさらに寒く感じるという悪循環に陥りました。

次のページでは冬の足元装備についての失敗談とは?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。