東京湾ボートゲーム愛好家が伝えたい【シーズンごとに熱くさせてくれる魚への感謝】

東京湾ボートゲーム愛好家が伝えたい【シーズンごとに熱くさせてくれる魚への感謝】

今年も東京湾ではさまざまなターゲットがシーズンを迎えて数多く釣れた。今回はそのターゲットになる魚に感謝しつつシーズンで釣れた魚を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

Avatar photo
山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

船釣り ボート釣り

東京湾で釣れる魚たち

今年も東京湾ではさまざま魚がシーズンを迎え、ほぼ例年通り釣れた。東京湾でもシーズンになると釣れる魚が豊富で、今年も多彩な釣りを楽しめた。

冬になると釣れ始めるアマダイ

東京湾では冬がメインのシーズンとなるアマダイ。近年では夏でも釣果を耳にするが、私自身は11~12月、遅いと1月ごろに狙い始める。今年の1月はマイボートで50cmアップを含めて多数の釣果に恵まれた。

また12月に入って同船者にがキャッチした51cmを始め、アマダイ釣り初挑戦の仲間も40cm後半の大型アマダイをキャッチした。釣れたアマダイには感謝しつつ、引き続き4月ごろまでアマダイシーズンの釣りを楽しみたい。

東京湾ボートゲーム愛好家が伝えたい【シーズンごとに熱くさせてくれる魚への感謝】アマダイ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

春~夏はハタゲームのシーズン

近年東京湾ではアカハタ、オオモンハタ、キジハタの個体数が増え、狙って釣れるようになった。私もここ数年ボート、陸っぱりで東京湾のハタゲームをしている。

そのなかで今年はマイボートで4月末からアカハタ、オオモンハタの釣果が出始めた。数釣りもかなりできたが、まだまだ東京湾のハタゲームは始まったばかり。小型のハタ及び産卵期を迎える時期につれたハタはリリースしたい。釣れるハタ族には感謝してハタゲームを楽しみたい。

東京湾ボートゲーム愛好家が伝えたい【シーズンごとに熱くさせてくれる魚への感謝】アカハタ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

春~初夏はマゴチゲーム

今シーズンはボートからのマゴチゲームにも挑戦した。いつもは陸っぱりで軽く狙う程度であったが、本格的にチャレンジし、最初の釣行ですぐに釣果が出た。特に4~5月はかなりの釣果が出て、かなり楽しめた。しかも食べても美味しいのがマゴチの魅力。釣れてくれるマゴチに感謝してさまざまな料理を楽しんだ。

東京湾ボートゲーム愛好家が伝えたい【シーズンごとに熱くさせてくれる魚への感謝】マゴチ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

次のページでサワラとメバルに感謝!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。