夫婦揃ってのオニカサゴ釣りで本命4匹 『タコベイト』付きの仕掛けが的中

夫婦揃ってのオニカサゴ釣りで本命4匹 『タコベイト』付きの仕掛けが的中

2022年の竿納めはオデコ覚悟のうえでオニカサゴを狙うことにした。待ちに待った12月17日(土)、妻と沼津港の船宿「」から出船。2人とも本命をゲット!さらに嬉しいゲストまで登場して最高の竿納めとすることができたのでリポートしよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

Avatar photo
藤倉聡

主に東京湾、駿河湾(沼津近郊)で釣りをしています。釣りインストラクター東京(JOFI)と千葉(COFI)に所属。インド料理作りにも夢中です。

×閉じる

船釣り エサ釣り

沼津でオニカサゴ釣り

5月に妻と沼津港の船宿「」にオニカサゴ狙いで釣行後、彼女は大船長に言われた言葉を毎日のように思い出しては「高速で巻きます(船の移動時に低速で巻いていた)」「そんな遠くじゃなくて手前でフケを取る」、「全然ダメ」などとクスクスと呟いていた。大船長のダメ出しの数々は愛情があふれているので、自分がダメ出しされたのにまるで他人事のようだ。「また大船長に会いたい♪」と言ってオニカサゴ釣りを熱望。

筆者もオニカサゴが大好物あり、前回食すことができなかった「しゃぶしゃぶ」も是非と思い、11月に釣行を計画。しかしこの時はひと月前から船宿に予約を入れておいたにもかかわらず、出船に必要な最低人数が揃わず断念。それでも諦めきれず12月に再募集をかけて頂いて今回の釣行が実現することとなった。

当日の状況

天候は曇り。天気予報では午後から雨とのことだった。予報が的中して、釣りをしている午前中は雨に降られずに済んでよかった。

夫婦揃ってのオニカサゴ釣りで本命4匹 『タコベイト』付きの仕掛けが的中当日の沼津沖(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

当日のタックル

夫婦揃ってのオニカサゴ釣りで本命4匹 『タコベイト』付きの仕掛けが的中当日のタックル(作図:TSURINEWSライター藤倉聡)

当日のエサ

当日持ち込んだエサはスーパーで購入した生サバ・生サンマに加え塩サバ・塩サバ(ロングカット)、塩サンマ、鮭皮、カツオレンジャー、サバレンジャー2種(イエロー・レッド)の9種類。

夫婦揃ってのオニカサゴ釣りで本命4匹 『タコベイト』付きの仕掛けが的中カツオ&サバレンジャー(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

若船長が操船

当日は6時半の出船に合わせて妻の実家を5時40分に出発。10分足らずで沼津港に到着。船宿が近いのは楽だとつくづく感じた。

やがて船がやってくると妻が「大船長がいない……」と寂しそうに言い出した。若船長に話を聞くと肩を怪我したらしくお休みとのこと。大船長の彼女へのダメ出しが楽しみの一つでもあったので残念。しかし、同宿は大船長だけではなく、明るく優しい若船長がいるのも魅力的。分からないことは気さくに何でも教えてくれるし、オマツリした時も速やかにサポートしてくれるので初心者には特にお勧めの船宿だ。

そんな若船長の指示で筆者は左舷ミヨシに妻は左舷胴の間、右舷には3名の計5名で出船となった。

次のページでいよいよ釣りスタート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。