冬のイカダ五目釣りでシマアジにヘダイ連発【三重】 ラストは大型ハモが登場

冬のイカダ五目釣りでシマアジにヘダイ連発【三重】 ラストは大型ハモが登場

今回は12月6日に三重県・南伊勢町迫間浦の澤村渡船を訪れ、小物から大物までイカダ五目でじっくり狙ってみた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

イカダ五目釣りで多彩に狙う

釣り物が少ない冬だが、温暖化の影響か水温が下がりきることがなく、イカダでもクロダイ師たちを悩ませるエサ取りが元気いっぱいだ。そんなクロダイ師に敬遠されるけれど、実は引きも味もいいターゲットを狙うイカダ五目がテーマ。春や秋が面白いこの釣りだが、実は冬だって熱い釣りなのだ。

今回同行してくれたのは。名古屋市在住のユーチューバーでもある丸山敬太さん。ルアー、エサ問わず、何でもこなす雑食性の若手アングラーだ。

ターゲット

この迫間浦で冬にかけて面白くなるのが、生きた小アジやイワシを使った泳がせ釣りだ。メインターゲットはヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュ、そして青物のワラサだ。特に青物はここ数日、イワシなどのベイトが大量に迫間浦に入り込み、大規模なナブラが発生しているらしい。

冬のイカダ五目釣りでシマアジにヘダイ連発【三重】 ラストは大型ハモが登場今年大発生しているヘダイ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

そして五目釣りでは、今年大発生しているヘダイ。手のひらサイズから30cm近い良型まで狙えるが、なんといっても数が出るのが魅力。時合いもクソもなく、ダンゴを打てば底がヘダイまみれか?と思うほどアタリを送ってくれるようだ。

そしてアジ。特に冬にイカダで狙えるアジは堤防で釣るより良型が狙える。よって仕掛けはハリスが少し太めのものを使いたい。具体的にはハリは7号、ハリスは1.5号程度がお勧めだ。

当日のプラン

丸山さんと事前に打ち合わせしたところ、当日のプランとして泳がせ釣りでヒラメ、青物狙い。複数本のサオを出して、数打ちゃ当たる作戦。そしてダンゴ釣りとサビキ釣りで、ヘダイとアジを狙っていく。

冬のイカダ五目釣りでシマアジにヘダイ連発【三重】 ラストは大型ハモが登場タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

ここで迷ったのが泳がせ釣りのエサ。まずサビキでエサに適正な大きさのアジが釣れるか、ということだ。現地で調達できれば一番いいが、釣れても大きすぎるとエサには向かない。こればかりは保証がないので、玉城インター下りてすぐのえさきち玉城店で釣り堀用の生きアジを20匹ほど購入して、現地に向かうことにした。

他に用意したものは、サビキ用のアミエビ、さしエサのオキアミ、ダンゴ釣り用のダンゴなど。

まずは泳がせ釣りから

まだ夜が明けきらぬ午前6時すぎ、桟橋を離れていざ出船。2番目に名前が呼ばれて渡ったのは、養殖イケスにつながれたイカダだ。完全に小屋になったトイレが設置してあり、そのトイレが風よけにもなる。

すぐに購入してきたアジをスカリに移し、タックルの準備に取りかかった。

丸山さんがまず用意したのは、泳がせ釣りの仕掛け。シーバスロッドと硬めのエギングロッド2本に胴つき1本バリ。ハリスは6号で1mほど取っている。いわゆる船のヒラメ仕掛けと同じだ。これをイカダの正面と、養殖イケスの際に落とし込む。あとはイトを張ってアタリを待つだけだ。

冬のイカダ五目釣りでシマアジにヘダイ連発【三重】 ラストは大型ハモが登場泳がせ釣りのエサの活きアジ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

「かなり深いですよ」と丸山さん。そういえば事前に水深は20mほどあると聞いていた。

次にセットしたのはサビキ仕掛け。まずはエサになる小アジを確保しようと、ハリス0.8号、ハリ5号に重め下カゴをセットし、マルキユーのアミ姫キララを詰めて落としていく。

着底後は大きくサオを振り上げてアミエビをまき、そのまま待つ。釣り方自体は堤防と全く同じだ。

想像に反してアタリなし

だが、すぐに釣れると思っていたアジの反応がない。何度打ち返しても同じ。ここで丸山さんは次に作戦へ。ダンゴを投入することにした。ダンゴの煙幕で、とにかく魚を寄せようというわけだ。

冬のイカダ五目釣りでシマアジにヘダイ連発【三重】 ラストは大型ハモが登場ダンゴを作る(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

握りこぶし大のダンゴを5個ほど投げ入れ、続けてアミエビを入れたサビキを投入。だが、これにもアタリがない。サビキのハリにオキアミを刺しても、コツリともしないのだ。「本当に魚がいるのか……」と不安になる展開だ。

冬のイカダ五目釣りでシマアジにヘダイ連発【三重】 ラストは大型ハモが登場さしエサのオキアミ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

次のページで奥の手でヘダイが大連発!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。