伊勢湾ジギングに冬のハイシーズン到来 ワラサ3匹にタイラバでマダイも【鳥羽沖】

伊勢湾ジギングに冬のハイシーズン到来 ワラサ3匹にタイラバでマダイも【鳥羽沖】

いよいよ伊勢湾ジギングも冬のハイシーズンを迎える。早速シーズン序盤の状況確認も兼ねて、11月26日に三重県鳥羽市の遊漁船に釣行した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

鳥羽沖でオフショアゲーム釣行

当日はジギングとタイラバでまずますの釣果に恵まれたので、その釣行をレポートしたい。午前5時30分に現地に到着し船長にプランを確認すると、まずは湾内でサワラ中心に青物狙い。その後、沖で青物狙いとのこと。湾内はショートジグ、沖はロング、セミロングジグで攻めるプランだ。

準備が終わり6時すぎに出船し、湾内ポイントに到着。水深は50m前後ということでTGベイト150gをチョイス。ジグを軽くキャストし、サミングしながら着底させる。着底後3巻き程度速巻きし、その後ワンピッチで探っていく。

同船者がスレ掛かりでベイトのアジを釣り上げたので、ベイトサイズに合わせてジグを頑鉄Z165gに変更し、ジグを投入すると狙い通りの着底ヒット。しっかりアワセを入れてファイトスタート。ゴリ巻きでグイグイと巻き上げるとワラサだ。幸先よくキャッチできたが、その後は満潮で潮が緩んできたため、タイラバに変更。100gのタングステンヘッドにサンリキの極をセットし、少し速めの巻きで探っていく。

タイラバで良型マダイキャッチ

すると10巻きほどでサオ先にアタリ。一定速度で巻き上げてくると、タイ特有のたたく引き。若干ドラグを締めて巻き上げてくると、良型のマダイだった。その後湾内でアタリがなくなったことから、沖へポイントを移動。

伊勢湾ジギングに冬のハイシーズン到来 ワラサ3匹にタイラバでマダイも【鳥羽沖】タイラバでヒットしたマダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

ジギングでワラサ

ここでしっかりロングジグが動くように、ロッドは硬めのスピニングに変更。水深は30~50mのカケアガリのため、リアフックは外して狙う。潮がだいぶ効いてきたところから、同船者にポツポツとアタリ。

するとプチ時合いに突入。私も速巻きで巻き上げてくると、ゴツンとひったくるアタリ。久々のスピニングリールでのファイトのため、引きもいつもより強力だ。グイグイと巻き上げてくると2匹目のワラサだった。

最終釣果

その後もう1匹追加したところで潮が緩み始めたため、再び湾内へ移動。ここから再びタイラバに変更する。しかし狙い通りタイは釣れるが、サイズは20cm前後と小さいため、2匹をリリース。その後再びジギングに切り替えるが、ノーバイトでこの日の釣行は終了となった。

伊勢湾ジギングに冬のハイシーズン到来 ワラサ3匹にタイラバでマダイも【鳥羽沖】鳥羽沖での釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

最終釣果はワラサ3匹にマダイ3匹とまずまず楽しめた。12月、1月のハイシーズンを迎える鳥羽のジギングは今年も十分楽しめそうだ。

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鳥羽沖
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年12月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。