【2020関西】投げ釣りで狙うアブラメ(アイナメ) 2種の仕掛けを解説

【2020関西】投げ釣りで狙うアブラメ(アイナメ) 2種の仕掛けを解説

アブラメ(アイナメ)は、真冬でも狙える数少ないターゲットとのひとつとして、投げ釣り師に人気がある。特に岩礁帯を中心に潜んでいるので投げ釣りで狙うとなると、根掛かりが付きもの。今回はそんなアブラメ仕掛けの特徴と、入門者にも手軽に使えるオススメ市販仕掛けなどを紹介したい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・奥野太郎)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

アブラメの生態

アブラメは主に岩礁帯や防波堤のテトラ周辺、そしてナワバリとなるシモリの多い所に潜んでいる。食性としてはエビやカニ、ゴカイなどのイソメ類、あるいは小魚といったものを主なエサとしている。

【2020関西】投げ釣りで狙うアブラメ(アイナメ) 2種の仕掛けを解説これがアブラメ(アイナメ)だ(提供:WEBライター・奥野太郎)

投げ釣りのエサとしてはマムシ(イワイソメ)やアオイソメを使う事が多い。低水温を好むアブラメは、全国的にみて北海道や東北地方でサイズ、数ともに期待できる。我々関西エリアのキャスターにとっては憧れの地とも言えるが、釣り場選びと仕掛けを工夫すれば、こちらでも乗っ込みを迎える晩秋から春までの間にポン級(ビール瓶に例えられる30cm以上のサイズ)を狙う事ができる。

今回はそんなアブラメを狙うべく、釣り場の状況にあった仕掛けについて説明しよう。

根掛かり対策が最優先

まずアブラメを釣る上において、気を付けないといけないのは「根掛かり」だ。ナワバリ意識が強いアブラメが住みかとする場所は、平坦な砂地ではなく海藻の生えた岩やシモリの多い場所だ。そこで、必然的に根掛かりを回避する工夫が欠かせない。

ブラクリ仕掛けなどで、テトラの間を探るスタイルと違い、投げ釣りの場合は仕掛けを回収する際に必ず「引きずる」動作を伴うため、ダイレクトに岩礁帯の中に投げ込むと、仕掛けがいくつあっても足りない。

アブラメのポイント

投げ込むポイントとしては、比較的平坦な場所と住みかとなるストラクチャーとの境目となる、いわゆる「シモリ際」を狙う。釣り場でいきなり実践するのは難しいと思うが、何度かキャストしてみて、仕掛けがゆっくり潮の流れに乗ってシモリ際で止まるような所を探してみよう。

【2020関西】投げ釣りで狙うアブラメ(アイナメ) 2種の仕掛けを解説シモリ際に仕掛けを置いて待つ(提供:WEBライター・奥野太郎)

流れが反対になれば、その逆サイドも狙える場合があるので、試してみると良い。カレイ釣りと違い、あまり頻繁に誘いを入れると根掛かりにつながるので注意したい。

慣れないうちは事前に実績のあるポイントの情報(航空写真付きの情報誌やネット情報など)を仕入れ、イメージしておくと良いだろう。そして潮の大きさや満潮、干潮時刻を考えて釣り場を選ぶ事も大切だ。

アブラメ仕掛けは2タイプ

では、実際にアブラメ狙いで私が使っている仕掛けについて説明していきたい。仕掛けは大きく分けて「吹き流し」と「胴突き」の2種類になる。

吹き流しは一般的な仕掛けで、市販されているタイプを使い、カレイ狙いと兼用が多い。遠投にも対応でき、自然にエサを漂わせる事ができる。遊動式テンビンと組み合わせれば、さらに食い込みを良くする事にもつながる。

吹き流し仕掛け

仕掛けは自作する事も多々あるが、最近はさまざまなこだわりや工夫がされた市販のものも多いので、私自身も後者をよく使っている。具体的に私が愛用している市販仕掛けを5つ紹介したい。まずは吹き流しタイプの仕掛け3つだ。

1、投釣カレイアイナメ

【2020関西】投げ釣りで狙うアブラメ(アイナメ) 2種の仕掛けを解説投釣カレイアイナメ(提供:WEBライター・奥野太郎)

吹き流しの市販仕掛け「投釣カレイアイナメ」は、カレイバリを使った定番の2本バリ仕掛けで、エサ付けやキャスト時のバランス、強度においてオールマイティーで扱いやすいので入門にはオススメの仕掛けだ。

2、港内・湾内カレイアイナメ仕掛

【2020関西】投げ釣りで狙うアブラメ(アイナメ) 2種の仕掛けを解説港内・湾内カレイアイナメ仕掛(提供:WEBライター・奥野太郎)

「港内・湾内カレイアイナメ仕掛」は、同じくカレイバリを使った2本バリ仕掛けだが、エダスにオレンジ色のフロートが付いていてアピール力が増し、さらにエダスの付け根の3方向パイプがカラミ防止につながって、トラブルをより回避できる。

3、抜投カレイ・アイナメ仕掛

【2020関西】投げ釣りで狙うアブラメ(アイナメ) 2種の仕掛けを解説抜投カレイ・アイナメ仕掛(提供:WEBライター・奥野太郎)

「抜投カレイ・アイナメ仕掛」は文字通り「投げて抜き上げる」といった頼もしい太仕掛けだ。大物にも対応できる作りとなっている。エダスのフロートや3方向パイプの他、カレイバリよりも広角なハリ先形状でしっかりフッキングさせ、スッポ抜けを防ぐ「抜投カレイ」が採用されている。

これらの仕掛けは比較的根掛かりの少ないポイントで、エサのアピールや食い込み重視で狙う場合に遊動式テンビン、あるいは浮き上がりの速いジェットテンビンにセットして使用すると良いだろう。

次のページで胴突き仕掛けを解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。