ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?

ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?

ビッグベイトにビッグフィッシュ。大海原に超強烈な存在力で青物に圧倒的な集魚力を発揮するビッグペンシル。デュエルスタッフが長崎県西海町大瀬戸の沖磯で、ハードコアバレットダイブ(F)シリーズでトップウォーターゲームを展開。見事に8.7kgのヒラマサを引き出し、その模様をお届け。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部・立石寿栄)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ダイビングペンシルとは?

ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?大型回遊魚をトップで釣るためのルアー(撮影:TSURINEWS編集部・立石寿栄)

青物やマグロなど大型回遊魚をトップで釣るためのペンシルベイト。海面に立った状態から釣り人が駆使するロッドアクションで、海中に頭から突っ込むように潜る。潜った際に白泡をかませて水中で波動を出してアピールすることで、ナチュラルに食わせるルアー。

ルアーの泳ぎ方

ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?白泡を引きながらアピール(撮影:TSURINEWS編集部・立石寿栄)

海面直下で潜ったり浮いたりを繰り返して、その存在を青物などのフィッシュイーターたちにアピールする。海面直下に頭から突っ込むと後ろに白泡を引きながら泳ぐ。海中に突入後、ステイするところが青物にとってのバイトチャンスだ。

ロッドを下向きに構えて初速を早く引っ張り仰ぐジャークアクションで操作する。

使いどころ

ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?朝マヅメの高活性時に有効(撮影:TSURINEWS編集部・立石寿栄)

朝夕マヅメや海面にベイトが浮き気味で高活性が期待できる時間帯が使いやすく、ベタナギの海況はもちろんのこと、波気がある時でもダイビングペンシルは有効だ。ビッグサイズほど投性能も高い。

ハードコアバレットダイブ(F)

ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?写真は140mmのイワシカラー(撮影:TSURINEWS編集部・立石寿栄)

ハードコアバレットダイブ(F)は、140mm、170mmがあり、来春に200mmが仲間入りする。フローティング(浮くタイプ)で140が50g、リングサイズが#6、フックサイズ#1/0、飛距離は最大80m。170が72g、リングサイズが#6、フックサイズが#2/0、飛距離が最大80m。※重量はフック、リング込み。

驚異的な遠投性能

ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?安定した飛行姿勢で遠投性も抜群(撮影:TSURINEWS編集部・立石寿栄)

強烈な向かい風でも驚異的な飛距離を発揮する遠投性が最大の魅力。その遠投を可能にしているのが次世代重心移動システムのMAG BULLET(マグネットバレットウェイトトランスファーシステム)。キャスティングではウェイト球が分散することなくひとつの塊として可動して、強烈なインパクトによる推進力を発揮させて爆発的な飛距離を生み出している。スイミング時は強力マグネットでウェイト球を固定して、重心のバラつきがなくなり安定したスイミング性能を発揮する。

ワンノックのラトルサウンドは、腹部に内蔵されたラトルが朝夕マヅメや深場、波がある時、広範囲にルアーの存在をアピールしたい時や目先を変えた攻め方をしたい時に効果的。

アクション

アクション(泳ぎ方)は水押しが強いスイミング系ウォブリングアクション。重心移動システムのウェイトバランスと丸みを帯びた太めのヘッド形状が海中へ突っ込む時に白泡を掻き立てて左右に揺れながら泳ぐ。

ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?白泡を掻き立ててアピールする(撮影:TSURINEWS編集部・立石寿栄)

カラーバリエーション

ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?日中はイワシなどナチュラルカラーがいい(撮影:TSURINEWS編集部・立石寿栄)

カラー選びは夜明けごろなら派手なタイプ、朝マヅメはチャート、日中はナチュラル(イワシ)、食い気が渋いと感じる時はクリアー系が有効。

クリアウォーターのリアクション狙いで高い実績を持つピンクイワシ、明滅効果を極めたデイゲームスペシャルのストライクイワシ、ブルー系ナチュラルベイトカラーのイワシ、シラスなどの極小ベイトを捕食している場面に効くクリアーなど全10色。

PEラインはTx8

ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?Tx8はタフな密編PEライン(撮影:TSURINEWS編集部・立石寿栄)

PEラインはTx8を使用し、リーダーはパワーリーダーCNを結束。ルアーとリーダーを繋ぐ部分はボールベアリングスイベル(サイズ:4)とスプリットリングを使用。

Tx8はタフなタイトブレイド(密編)PEライン。耐久性・耐摩耗性が大幅に向上して、張りやコシを感じさせない柔軟な質感で操作性がアップ。カラーは5色マーキング、ライムグリーンの2色。200mが0.6号~2.0号、300mが0.6号~8.0号あり。

リーダーはパワーリーダーCN

ロックショア釣行でヒラマサ浮上 圧倒的な集魚力を誇るルアーとは?カーボナイロンライン(撮影:TSURINEWS編集部・立石寿栄)

パワーリーダーCNは、フロロカーボンの持つ低伸度、高感度、耐水性、摩耗性とナイロンの持つ高強力、操作性を高次元でブレンドした超強力複合素材リーダー。30mが3~10lb、50mが12~150lb。

次のページでいよいよ釣りスタート&大型ヒラマサがヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。